4歳馬厩舎情報 2/5・6・12・13及び近況 2/4・12

ラブラバード 4歳 牡 芦毛

2/5  松田博厩舎
5日は軽めの調整を行いました。
「クラスが上がってペースも速くなるだろうから、レースはしやすいと思っていたのですが、前に壁が作れなくて思わぬ形での敗戦になってしまいました。レース後、馬体に傷みはないものの、多少疲れた感じがあるので今朝までダクだけで様子を見ています。できれば前に壁を作って進めてみてどんな競馬ができるか、もう一度レースを見たいのですが、もう少し時間をかけて馬の状態を確認してからどうするか考えます」(松田博師)

2/12(松田博厩舎)
12日は栗東CWコースで追い切りました。
「先週レース直後にはちょっと疲れた感じがありましたが、ゆったりと動かしてきて順調に回復してくれています。これなら、もう一度使っていけそうだということで、今朝CWコースでサラッと終いだけ脚を伸ばしました。見た目に馬体が寂しくなることはないですし、今朝の動きもリラックスした感じで悪くありません。なにしろ前走が思いがけない形になって、脚を溜めるところがありませんでしたし、うまく前に壁を作って進めてどんな競馬ができるか見てみたいと思いますね」(松田博師)
23日の京都競馬(木津川特別・芝1600m)に和田騎手で出走を予定しています。


とりあえず、続戦決定で出走出来るかは判りませんが、来週のマイル特別戦を予定しているようです。
余り厩舎と関係が薄そうな和田騎手に乗り替わりという事で首を傾げましたが、23日はフェブラリーSの裏開催だったんですね。個人的には和田騎手は相性の良い騎手で、人気馬より穴馬に乗った方が魅力的な騎手だと思ってます。


ロケットダッシュ 4歳 牡 鹿毛

2/6  吉田厩舎
5日は栗東坂路で追い切りました(54秒9-38秒9-25秒3-12秒8)。6日は軽めの調整を行いました。
「水曜日は坂路で追い切りました。意識的に道中息を入れて走れるようにしているのですが、その意図通り、カッとならず折り合って終いしっかり脚を伸ばすといういい追い切りができたと思います。動き自体も非常に良かったですし、来週の競馬に向けて順調に仕上がってきていますよ。結果の出ている小倉のダート1000mが舞台になりますし、このクラスでもやれるところをお見せできるようしっかりと調整していきます」(高島助手)
16日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に出走を予定しています。

2/13(吉田厩舎)
12日は栗東坂路で追い切りました(56秒2-39秒8-25秒5-12秒8)。13日は軽めの調整を行いました。
「先週に引き続き、追い切りは意識的に道中折り合いに専念して息を入れるようにし、終いを伸ばすようにしています。レースに行ってみないとなんとも言えない部分はありますが、調教では以前に比べてだいぶ上手に走れていますし、プール調教をしていても、ひと息に泳ぎ切らずゆっくり息を入れながら進んでいるので、これもいい方に出るのではないかと思います。体調もいいですし、ここは勝っている条件なので楽しみですね」(吉田師)
16日の小倉競馬(4歳上500万下・ダ1000m)に吉田隼騎手で出走いたします。


今週末に復帰戦に臨みます。
先週の坂路追い切りで自己ベストをマークしているように、昨年全く動かなかった坂路でそれなりの時計を出せるようになってます。負荷の高いウッドコースで追い切られていないのが若干気にはなりますが、体調は悪くはなさそうです。
当てにならない馬ではありますが、小倉D1000M戦ならこのクラスでも充分通用するスピードがありますので、前走の結果から人気が落ちるようなら、馬券の狙い目かなと思ってます。小回りコースを得意とする吉田隼騎手の乗り替わりも決して悪くないはずです。




フロアクラフト 4歳 牝 黒鹿毛

2/4  NFしがらき
周回コースで軽めの調整を行っています。
「この中間も周回コースで軽めの運動を行っています。状態を見ながら少しずつ運動負荷をかけていきたいと思いますが、現状ではここを目標にと決めるのではなく、あくまでも馬の状態を見ながら進めていくことになりそうです」(NFしがらき担当者)

2/12(NFしがらき)
周回コースと坂路で軽めの調整を行っています。
「この中間は坂路でも乗り出しており、少しずつ運動量を増やしています。今はペースを速めていくための下準備というところですが、ここまでは特に問題ありませんし、このまま徐々にピッチを上げていけそうです。具体的な番組は決まっていないものの、阪神開催のうちには復帰させるつもりで進めていこうと西園調教師とも話をしているところです」(NFしがらき担当者)


徐々に始動といった感じです。早ければ、今月末辺りに帰厩する可能性もあるかもしれません。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment