4歳馬厩舎情報 1/15・16及び近況 1/14

フロアクラフト 4歳 牝 黒鹿毛

1/15(NFしがらき)
15日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週金曜日の追い切りもしっかりと動けていましたし、期待をもってレースへ送り出せたと思います。ただし、結果からすると最後の直線での伸びがもうひとつになってしまいました。相手関係も楽ではない面はありますが、調教でそれなりに動かしてきている状況でも体が思っていたより余裕があったのが響いたのかどうか。もちろん以前カイバに波がある時期はあったので大きく減るよりはいいでしょうし、動かしていても増えていたくらいですから状態自体は決して悪かったということではないと思うんです。連勝して準オープン入りを果たしましたが、まだこれから伸びシロのある馬ですからもちろん先々でもうひとつ上のクラスで走らせたい馬ですし、クラス慣れしていけばそのチャンスはあるはずです。ここまで続けて使ってきたので一度放牧を挟ませていただきますが、そこでの状態を見ながらいいと思えるタイミングで次の競馬を考えていきたいですね」(西園師)


準OPの適鞍も多くないことですし、ここで放牧を挟むのは良いタイミングだと思います。
師も大事に使ってくれている感じを受けますし、能力も評価してくれているようで嬉しい限り。そう長い放牧にはならないと思うので、更なる成長に期待します。


ラブラバード 4歳 牡 芦毛

1/16(松田博厩舎)
15日は軽めの調整を行いました。16日は栗東CWコースで追い切りました。
「調教を進めてきた影響か少しずつ気が入ってきているし、その状況で長いこと調教ばかりやるのも良くないだろうから、今週から競馬を考えて、今朝追い切りをかけました。少し手は動いていたものの悪くない動きを見せてくれましたし、これなら競馬へ向かえるかな。前走などは状態云々もあっただろうけど、今回はマイル戦になりますから、上手く流れに乗ってほしいですね」(松田博師)
18日の京都競馬(4歳上500万下・芝1600m)に川田騎手で出走いたします。


やや急ですが、遂に復帰戦を迎えます。
出資者ですらそんなに初戦から期待はしてないようですが、馬券的には低人気の今回が狙い目ではないかなと踏んでいたりします。
最終追い切りは岩田騎手が騎乗してとは言え、CWコースで3・4ハロンは自己ベストを更新しています。コース状態で時計は変わりますので一概には言えませんが、体調が良好であるのは確か。三歳未勝利馬ながら調教駆けするレッドフォース相手に、追走して先着しているのも好評価。
勝ち星を上げた同コース、更に個人的に相性の良い川田騎手が鞍上ですので、ちょっと楽しみな一戦です。




ロケットダッシュ 4歳 牡 鹿毛

1/14(NFしがらき)
周回コースで軽めの調整を行っています。
「周回コースでの運動を継続していますが、先週もお伝えしたように状態はまだ良化途上かなと感じますし、現状では強い負荷をビッシリとかけすぎないよう進めています。今後も状態をしっかり見ながらいいと思えるタイミングでペースを速めたり、距離を乗ったりするようにしていきたいですね」(NFしがらき担当者)


まだまだ時間を要しそうな感じ。この様子だと温かくなるまで、戻ってこれない予感がします。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment