東京優駿予想

皐月賞で3馬身千切ったオルフェーヴルがデータ上では抜けた存在ですが、流石にこれだけ雨が降っているともうどの馬が勝ってもおかしくないかもしれません。馬場の内外の優位もないので、スタミナとパワー勝負になりそうです。
重馬場になったら狙ってみようと思っていたダノンバラードが出走回避となってしまったので、頭を悩ます事となりましたが、ここは外枠と1勝馬という事実には目をつぶってユニバーサルバンクを軸に。
母系を見る限りスタミナは十分。重賞勝ちはないですが、共同通信杯ではタイム差なしですから、勝利に準じた扱いでもいいような気がします。揉まれない外枠もこれだけ泥んこ馬場になれば、有利に働くかもしれません。

◎ユニバーサルバンク




【結果】
オルフェーヴルが不良馬場を物ともせず2冠達成。正直、同世代では格が違うと思いました。瞬発力は世代どころか、現役屈指の馬じゃないでしょうか。
2着のウインバリアシオンも後方から最速の末脚で迫りましたが、最後は脚色が一杯に。それでも、3着には7馬身差をつけているので立派なものです。
戦前、不良馬場で荒れる結果になるだろうと予想し、軸候補だった馬はベルシャザール(3着)・クレスコグランド(5着)・ユニバーサルバンク(11着)の3頭。結果的に一番ダメな馬を選んでしまいました…orz
-10㎏が示すように状態一息だったのかもしれません。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment