2歳馬近況 9/10

ネオリアリズム 2歳 牡 栗毛

9/10(NF空港)
周回ダートコースでダクと軽めのキャンターを中心に、週2回は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本を取り入れています。
「速めの調教をコンスタントに取り入れていますが、体調は安定していますし、いい流れの中で調教を進めることができていますよ。引き続き動きに磨きをかけて、少しずつ移動に対応できるようにしていきたいですね」(空港担当者)


移動に向けての調整が続いており、特に変わりはありません。
美浦に直接入厩という情報も出ているので、にわかに楽しみが増してきました。


パルティール 2歳 牝 栗毛

9/10(NF早来)
週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1800m~2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。
「歩様の不安定さがあったために調教を緩めて様子を見ていましたが、その後の経過は悪くなくじわじわと進めてきているところです。周回コース調教をメインにして乗り、次のステップとして坂路に入り出したわけですが、その後はさらにキャンターペースを強めてみています。まだ探りつつの調教であるのは否定できませんが、変わりなく乗れていることはいいことですし、このまま行きたいですね」(早来担当者)


坂路入り再開後、順調すぎるペースで乗り込みが続けられています。
自分が想定していた進捗よりも早いので、順調ならデビューもそう遅くはならなさそうです。


ハープスター 2歳 牝 鹿毛

9/10(NFしがらき)
坂路で軽めの調整を行っています。
「この中間は角馬場でじっくりと体を解してから坂路を軽く上がっています。馬体にはほとんどダメージはなさそうですね。脚元のケアはしっかりと行っていきますが、体調も問題ありませんし、このままゆったりと動かして調整していきます」(NFしがらき担当者)


特に疲れや肉体的なダメージがないのは僥倖。
僚馬の動きにより、次走が流動的な感じですが、出来るなら東京コースを経験出来るアルテミスSに出走して欲しいですね。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment