3歳馬厩舎情報 8/21・22

フロアクラフト 3歳 牝 黒鹿毛

8/21  函館競馬場
21日は函館Wコースで追い切りました。
「先週もお伝えしたように前半にゆっくり入れるように長めの距離を使う考えもあり、そのレースに田中勝春をおさえていますが、1800mがまったくダメとは考えていませんし、登録状況次第ではとそちらにも特別登録はさせてもらいました。現状では2600mに向かう予定ですが、先週の日曜は15-15程度にサラッと動かそうと思っていたものの、かなり重たくなった馬場で予想以上に時計が出ずに15-15にはならなかったようです。そのあたりの影響が出ないように今朝はある程度動かしておきましたが、今日の追い切りでいい意味でピリッとしてくれば理想的であるものの、明日の状態次第でもう少し動かす時間がほしいようであれば、もしかしたら来週にスライドさせてもらうかもしれません。流動的になってしまい申し訳ございませんが、やはり馬の状態に合わせてレースを考えてあげたいですからね。前回が少し物足りない内容になってしまいましたから、今回はしっかりとこの馬の走りをしてもらいたいと考えていますし、まずはレースに向けて状態をしっかりとチェックしたいですね」(西園師)
状態次第で変更になる可能性もありますが、今のところ25日の函館競馬(積丹特別・芝2600m)に田中勝騎手で出走を予定しています。


スライドの可能性もありましたが、積丹特別に出走が確定。
馬場状態が先週からかなり悪く、今週末も引き続き荒れ馬場となりそうですので、出来れば回避して欲しかったのが正直なところ。
これだけ力の要る馬場での長距離、残念ながら好走出来るイメージが浮かびません。最悪惨敗する事も覚悟して、日曜日のレースを見守ろうと思います。


ラブラバード 3歳 牡 芦毛

8/22(NFしがらき)
22日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週の競馬は、馬なりでジワッと行かせるような進め方をしてほしいと指示していました。そのとおり道中はスムーズでしたし、追い出すまではいい感じだったのですが、勝負どころから手応えがなくなってしまったところを見ると、やはり本調子には戻っていなかったのでしょう。馬体はキープしていましたが、競馬を使った分が戻っただけで背中の肉は物足りなかったですし、放牧に出してじっくりと動かしながら本来の筋肉を戻していきたいと思います」(松田博師)


先ずは身体を戻す事が先決ですが、なんとか11月の京都辺りで復帰して欲しいものです。


ロケットダッシュ 3歳 牡 鹿毛

8/21(小倉競馬場)
21日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、直線いったんは先頭に立ったのですが、最後気を抜いてしまったようで、残念な結果になってしまいました。申し訳ありません。外枠ということもありましたし、力負けではないと思っています。レース後はジョッキーともよく話をしたのですが、ちょっと他馬を怖がるような面があるため、現状は小倉のダート1000mで行き切るような競馬をした方がいいだろうということで、阪神開催ではなく、中1週で同じ条件を使うことにしました。レース後にもお伝えしましたが、再度の輸送となるとダメージも大きくなりますし、そのまま小倉に滞在させています。間隔が詰まるので強い追い切りは必要ないでしょうから、うまく体調を整えてレースに臨めるようにしていきます」(吉田師)
31日の小倉競馬(3歳未勝利・ダ1000m)に出走を予定しています。


来週は本馬にとっては正念場。
怖がりな気性だと極端な競馬しか出来なくなるのが残念ですが、贅沢を言っている時間はありません。次走こそロケットスタートを決めて、先頭でゴールに駆けこんでくれる事を期待します。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment