エースドライバー厩舎情報 5/18

5/18(鹿戸雄厩舎)
18日はゲート練習中心のメニューを行いました。「フジキセキの牡馬らしくちょっと気持ちの強いところを持っているようですが、利口なところもあり、理解すれば問題なくこなせる気性の持ち主のようです。最初は洗い場に入ろうとしなかったり、ゲート前でもうるさいところを見せていたのですが、今はそれほど問題になるほどでもありません。先週末よりゲート練習を始めているのですが、牧場では駐立までしかしていなかったこともあり、扉が空いてもまだ反応が乏しい状態ですね。却ってやりすぎてカッカした状態のほうが修正が難しくなるくらいですし、前回より今回とわずかながらも進歩が見られますから練習を重ねていけば問題ないでしょう。まずは試験合格が目標になりますが、順調に行けば早期デビューを考えていきたいですよね」(鹿戸雄師)


思ったよりもうるさい気性のようです。気性の激しさが闘争心に結び付いてくれればいいのですが、こればかりはレースに行ってみないと分かりません。
ゲート試験が順調に行くようなら、中山デビューも夢ではないかもしれませんので、楽しみは膨らむばかりです。


月曜日に買ってきたザッツPOGを眺めていたら、フジキセキ産駒でアーベントロートなる馬を発見。馬名募集で応募したモルゲンロートと山岳用語ではほぼ同じ意味(朝焼けと夕焼けの違い)で、富士山では紅富士と呼ばれています。
命名の着眼点としては悪くなかったようで、なんとなくホッとしました。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment