ロケットダッシュ、勝利までわずか及ばぬ3着

ロケットダッシュ 3歳 牡 鹿毛

8/17(吉田厩舎)
17日の小倉競馬ではまずまずのスタートから好位の外目を追走。いい手応えのまま直線を向き、一旦は先頭に立ったものの、最後差し返されて3着。
「直線で一旦先頭に立ったのですが、そこでフワッとしてしまって…。勝ったと思っただけに悔しいです。外枠で外、外を回らされた上に、ちょっと他の馬を気にして逃げるようなところを見せた分、ロスのある走りになってしまいましたし、枠が内なら違う結果になったはずです。申し訳ありません」(松山騎手)
「勝つことができず申し訳ありません。今日は枠順の差が大きく結果に影響してしまいました。先行勢が一団になる中、終始外を回らされる形は最後に響いたと思います。しかも先頭に立って気を抜いたとジョッキーが言っていたように、勝ち切る能力があるだけに惜しい競馬でした。一度放牧に出して限定未勝利戦に賭けるか、小倉をもう一度使うかはもう少し馬の状態を見てから決めたいのですが、坂のある阪神コースより小倉の1000mの方がいいような気もしています。ただ、中1週になりますので、その場合は小倉に滞在させることも考えていきます」(吉田師)
前走の内容からここはなんとしても勝ちたい一戦でしたが、外枠が災いして差し切るところまで行きませんでした。残念ではありますが、能力上位のところは見せましたし、次こそは1着でゴールインしてもらいたいと思います。このあとは番組や馬の状態をよく検討し、中1週で同条件を使うか、阪神の限定未勝利戦を使うか判断します。


前走同様にコーナーで膨らむロスがあったのが致命的でした。
必勝態勢だっただけに、この敗戦は非常に残念ですが、これもまた競馬。前走よりも若干パフォーマンスを落とした感じがしますので、休み明けが一番走るタイプなのかもしれません。
次走は小倉滞在となるのか、陣営の判断を待ちたいと思います。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment