3歳馬近況 7/31及び厩舎情報 7/31

フロアクラフト 3歳 牝 黒鹿毛

7/31(NF空港)
周回ダートコースでダクとハロン24~25秒のキャンター調整を行い、週1回は屋内坂路コースでハロン15~16秒を2本取り入れています。
「この中間から週1日ながらも坂路でハロン15秒に近いところを乗っています。もう少しこちらで乗ってからになるでしょうが、今後も変わらず状態が安定しているようならそう遠くなくの移動を考えていくことになるでしょうし、少しでもいい状態になるよう動かして行きます」(空港担当者)


ぼちぼちと始動したように、近いうちに函館に再入厩しそうな感じです。
本日の新馬戦で半妹のバウンスシャッセが見事なデビュー勝ちを収めました。非常に堅実な母で、今年募集される父キングカメハメハの牡馬は人気を集めそうです。




ラブラバード 3歳 牡 芦毛

7/31(松田博厩舎)
31日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は結果を出せずに申し訳ありませんでした。順調に乗り込んできて追い切りの動きも良かったので期待していたのですが、大幅な馬体減りが予想外。カイバもしっかり食べていただけに、輸送だけが原因とも思えませんし、まずは体調面の確認をしながら軽く動かしていきます。今朝はダクだけで様子を見ていますが、競馬自体のダメージはなさそうですね。久々を一度使ったところですから、ここで放牧に出しても中身が良くならないでしょうし、厩舎に置いて、しばらくは軽めの調教で馬体を戻していくつもりです」(松田博師)


あっさりと放牧に出されるかと思ってましたが、厩舎で調整して貰えるのは僥倖。
次走はどこに目標を定めるのか、陣営の判断が待ち遠しいところです。


ロケットダッシュ 3歳 牡 鹿毛

7/31(吉田厩舎)
31日は軽めの調整を行いました。
「帰厩後の調教内容が以前に比べてかなり良くなっていたので、いきなりから期待をしていたのですが、あと一歩の惜しい競馬になってしまいました。あそこまで行ったらなんとかしたかったのですが、次走につながる内容でしたし、次こそはという気持ちで調整していきます。今のところダメージは感じませんし、このまま疲れが出ないようなら中2週で同じ条件に向かう予定です」(吉田師)
8月17日の小倉競馬(3歳未勝利・ダ1000m)に出走を予定しています。


同週の日曜日に行われた同条件500万下と同タイムだったように、未勝利戦としては破格の時計だった前走。同じ程度走れるようなら次走は確勝と言っても過言ではないかもしれません。
お盆休みの楽しみを是非とも増やして欲しいものです。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment