ラブラバード、期待の復帰戦は想定外の惨敗

ラブラバード 3歳 牡 芦毛

7/28(松田博厩舎)
28日の小倉競馬ではまずまずのスタートからジワッと先行集団にとりつき、スムーズに好位をキープ。直線半ばまではいい手応えに見えたが、追ってからの伸びがなく10着。
「結構カーッとするところがあるから、あまり急かすような進め方はしないで欲しいと先生から聞いていたのですが、実際に跨がってみるととてもおとなしいし、ゲートを出ても自分からは進んでいこうとしないぐらいでした。それでも道中はいい感じで追走できましたし、直線も伸びそうな手応えだったんです。それが、いざ追い出してみると電池が切れたようになってしまって…。初めて乗せていただいたので何とも言えませんが、もっとピリッとした馬でしょうし、今日は落ち着きすぎていたのがマイナスに出たような気がします」(幸騎手)
「直前の追い切りの内容が良かったし、馬体も仕上がっていたのですが、マイナス18キロというのは想定外でした。カイバもしっかりと食べていたし、輸送だけでこんなに減るものではないので、小倉についてからイライラしてしまったのか…。道中の感じは良かったし、直線半ばまでは差し切れそうな勢いだっただけに、最後の伸びを欠いたのはそのあたりが影響したのかもしれません。レース後の状態をよく確認しておきます」(松田博師)
久々でも調教の動きは良く、態勢は整っていましたが、大幅なマイナス体重というのは意外でした。トレセンではカイバもしっかりと食べていたので、輸送も影響したと思いますが、いずれにせよこの馬らしい活気に欠けていたのは間違いありません。まずはトレセンでの馬体をよく見て、今後のプランを検討します。


追い切りでも動いていたので、正直勝ち負けの可能性は高いと思っていたのですが、蓋を開けてみれば-18㎏とレース前から終了感を漂わせていました。
フロアクラフト共々残念な復帰戦となってしまいましたが、両馬ともメンタル面に問題を抱えている印象。ラブラバードは長距離輸送が堪えたかもしれませんので、馬体を戻す事も考えると再放牧で結果が出てる京都競馬で復帰となりそうな予感がします。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment