フロアクラフト、秋に向けて暗雲漂う結果に

フロアクラフト 3歳 牝 黒鹿毛

7/13(函館競馬場)
13日の函館競馬では積極的に前につけるも、勝負どころで余裕がなくなってしまい7着。
「枠が枠でしたし前半に位置を取りに行きましたが、スローペースだったこともあってか少し力んでいました。前に馬を置けなかったことでそうなりやすいのはわかりますが、いつも乗っている時もどちらかと言えばピリッとしやすいところがあるので、その力みもこの馬なりと感じるくらいだったのですが…。今日は休み明けの分動き切れなかったのかもしれませんが、流れは前が残るものでしたし、力を考えたらもっとやれていいはずです。キッチリ結果を残したかったのですが、申し訳ございません」(松山騎手)
この馬の持ち味でもある早め早めの競馬を試みましたが、スローペースだったにも関わらず最後に伸びを欠いてしまいました。休み明けの影響があったかもしれませんが、次走ではキッチリと盛り返したいところです。この後は状態を見ながらどうするか判断していきます。


正直な話、掲示板を外す事はないと思っていただけに、かなり落胆しました。
確かに外枠過ぎでしたので、前をつけるのに脚を使ったのかもしれませんが、それにしても直線はほぼ無抵抗で馬群に沈みすぎです。
2戦目の未勝利戦で惨敗をしたように、繊細な性格なのかもしれません。何にせよ、次走の巻き返しに期待するしかありません。トホホ…ですね

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment