2歳馬近況

ネオリアリズム 牡 栗毛
父ネオユニヴァース×母トキオリアリティー(BMS:Meadowlake)
関東 堀宣行厩舎

トキオリアリティー11


6/28(NF空港)
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースでキャンター2500mの調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本元気に駆け上がっています。
乗り込みを継続することで馬体は更に引き締まってきており、毛ヅヤもピカピカで非常に良い状態にあると一目でわかります。今後は更に調整負荷を高めていき、早ければ秋頃の入厩を目標に進めて行きたいと考えています。


坂路の登坂回数も増え、着々と態勢が整いつつあります。
POG本等で秋の入厩を目指すとありましたが、ようやく公式にその予定が示唆されました。年内デビューは正直厳しいと思っていただけに、ここに来ての良化は嬉しい限り。今後も何事もなく調整が進められますように。


パルティール 牝 栗毛
父スペシャルウィーク×母ピューリティー(BMS:パントレセレブル)
関東 古賀慎明厩舎

ピューリティー11


6/28(NF早来)
気になっていた右前脚は早々に楽をさせたことが良かったのか日毎に歩様は安定を見せています。念のため行った検査でも異常は見当たなかったことを受けて、現在はウォーキングマシンでの運動に加えて、トレッドミルでの運動を行っています。
負荷を強めた後も違和感は見られないことから、そう遠くなく馬場での運動を再開する予定ですが、ここまでの経緯を鑑みて、乗り出し当初は逐一様子をチェックしながらじんわりと立ち上げていこうと考えています。


一過性の疲れか何かだったようで、何事もなく一安心。
再発さえしなければ、問題なく晩夏辺りには移動が出来るとは思っています。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment