3歳馬近況 5/7及び厩舎情報 5/8

ラブラバード 3歳 牡 芦毛

5/7(NFしがらき)
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「今朝は坂路で終い15秒ぐらいまで脚を伸ばしました。こちらで乗る分には行きたがるような面も見せていませんし、順調ですね。このままなら特に問題なくペースを上げていけそうです」(NFしがらき担当者)


ぼちぼちお呼びがかかってもおかしくない調教ペースになってきました。
レースに行くと気難しさを見せる馬ですので、少しでも気性の成長が見られると嬉しいのですが。


ロケットダッシュ 3歳 牡 鹿毛

5/7(NFしがらき)
軽めの調整を行っています。
「こちらに到着後は、ウォーキングマシンで軽く動かしながら馬体のチェックを行っています。さすがに少し馬体は寂しく見えますので、まずはトレッドミルから始めて馬体回復に努めていく予定です。体調などは問題ありません」(NFしがらき担当者)


レースを使う毎に細化していったので、先ずは馬体を戻す事が先決。悠長に構える時間は決してありませんが、コンディションが整えれば、ノーチャンスという事はないはずです。




フロアクラフト 3歳 牝 黒鹿毛

5/8(西園厩舎)
8日は軽めの調整を行いました。
「間隔が詰まっていますし、今週一杯は軽めの調整に留めて、来週しっかりと追い切ってレースに臨む予定です。馬体は思ったほど減ったりせず、状態は高いレベルで安定していますし、来週のひと追いで気合いを乗せれば万全だと思います。2度の関東遠征で輸送の不安もほぼなくなりましたし、環境の変化に戸惑うような面も解消されてきましたからね。ここにきて度胸がついてきた感じがしますよ。今も落ち着いた状態で調教に臨めていますし、GⅠの舞台でも臆することなく力を出してくれるのではないでしょうか」(西園師)
19日の東京競馬(優駿牝馬・牝馬限定・芝2400m)に松山騎手で出走を予定しています。


いつものように1週前追い切りをせずに流す程度。
輸送慣れもしていますし、精神的にはどっしりとしたタイプ。スローな展開になると思われますので、折り合いさえつけば見せ場の一つでも作れるかもしれません。まあ、ここ数年のスイートピーS2着馬の戦績が暗澹たるものである事はコンクリ詰めにして意識の奥底に沈めておく事にします。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment