fc2ブログ

On The Bridle!!

一口馬主クラブ「CARROT CLUB」及び「TOKYO THOROUGHBRED CLUB」に出資した愛馬たちの成長記録等を中心に取り扱っています。

'21年産近況及び厩舎情報 【コルレオニス 2024/03/20~04/18】

コルレオニス 3歳 牡 鹿毛
父レイデオロ×母ヒストリックスター(BMS:ファルブラヴ)
関西 友道康夫厩舎


24/3/20  NFしがらき
20日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週の競馬はありがとうございました。もどかしい競馬が続いていたので、まずはホッとしましたね。現状は、前々でプレッシャーなく進めるあの形がいいのでしょう。レース後は特に変わりなく来ていますが、いったん放牧に出して今後のプランを検討していきます」(友道師)

24/3/26  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「こちらに到着後は、馬体に異常がないことを確認してから、角馬場での軽いハッキングとトレッドミルでのキャンターから動かし出しています。まずはフラットワークで体を解し、状態を見ながら坂路調教など乗り出していく予定です。今のところは馬体の回復も順調ですし問題なく進めて行けそうです。馬体重は451キロです」(NFしがらき担当者)

24/4/2  NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間から周回コースでの騎乗調教を開始しています。乗り出してからも特に気になるところはなく、毛ヅヤなど見ても状態は良さそうと感じます。今のところは厩舎サイドとも遠くなくトレセンへ戻す方向で話をしており、こちらもそのつもりで調整して行きます」(NFしがらき担当者)

24/4/9  NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間も周回コースをメインにじっくり乗り込みを続けています。おそらく来週までには帰厩ということになりそうなので、緩めない程度の調整でコンディションを整えていきます。体調を含めて特に気になるところはありません」(NFしがらき担当者)

24/4/16  友道厩舎
16日に栗東トレセンへ帰厩しました。
「この中間は坂路で終いを伸ばす調教も取り入れ、移動に備えてきました。ピッチを上げても馬体重は増加傾向にあり、しっかりトレーニングしつつカイバも身になっている印象です。体調面を含めて不安のない状態で本日トレセンへ送り出しています」(NFしがらき担当者)

24/4/18  友道厩舎
17日は軽めの調整を行いました。18日は栗東CWコースで追い切りました。
「火曜日に無事帰厩しており、今朝CWコースで半マイルから56秒8、ラスト1ハロン13秒4という時計を軽く出しました。馬に少しずつ落ち着きが出ているのはいい傾向ですし、週末あたりからさらにピッチを上げていきたいと思います。今のところは東京の自己条件を目標にと考えています」(友道師)
5月12日の東京競馬(3歳1勝クラス・芝1800m)を目標にしています。


時期が時期だけにダービートライアルか京都新聞杯に挑戦してくれないかなと淡い期待をしていましたが、残念ながら自己条件が目標となる模様。
まあ、友道厩舎にはジャスティンミラノという横綱が控えていますし、メリオーレムなど2勝馬も複数います。なので、この判断は致し方ないかなと思ってます。前走の勝ちっぷりも半信半疑な部分はありますしね。ただ、左回りに拘らずに京都の特別戦を使ってくれれば…、という気持ちも少々ありますが。


【友道調教師が藤岡康太騎手を悼む マカヒキ、ワグネリアン…「代打で結果を出して仕事もしっかりしてくれた」】https://umatoku.hochi.co.jp/articles/20240412-OHT1T51167.html


次戦もこのコンビの姿が見れるだろうと思っていただけに、残念でなりません。
本日も落馬事故が相次ぎ、3人の騎手の明日の乗り替わりが発表。何事もなく開催が終わる事の有り難さをつくづく思い知らされます。


関連記事
スポンサーサイト



Last Modified :

Comment







非公開コメント