フロアクラフト、樫行き最終切符を掴み取る2着

フロアクラフト 3歳 牝 黒鹿毛




4/28(西園厩舎)
28日の東京競馬では好スタートから縦長の展開の3番手を追走する。直線では一旦先頭のシーンもあったが最後は交わされ2着。
「枠が枠でしたしとにかくラチ沿いをロスなくと言うイメージだったのですが、スタートはしっかり出てくれましたし、狙い通り好位から進められました。前が離れていたので折り合いに気を付けていたのですが、変に力むことはなかったですし、自分のリズムで運べました。差が僅かだっただけに勝ちたかったですし申し訳ありませんが、次の舞台でも頑張ってほしいですね」(松山騎手)
「あの差を考えたらもう少し勝負どころで我慢したらと思うところもありますが、変に前に入られたりしてまわりを気にしてしまったら元も子もありませんし、ジョッキーは枠を味方につけて上手く乗ってくれたと思います。今日は2着以内が絶対条件でしたから頑張ってくれましたし、勝ち馬に目標にされてしまったところはありますからね。本番となるとさすがに簡単ではないのはわかっていますが、せっかく自力で掴んだチャンスですし、この馬の力を出せるようにしっかりと仕上げていきます」(西園師)
今日はオークスのトライアルレースで2着は外せない状況でした。勝てなかったのは悔しいですが、見事オークスへの優先出走権を確保できましたし、本番に向けてまずはレース後のケアをしっかりと行っていきます。


出資時はダート短距離でコツコツ稼いでくれるだろうというイメージだったのですが、よもやクラシックの舞台に立つ事が出来るとは思いもしませんでした。
デイジー賞と同じようにフラワーC組のリラコサージュに最後差されてしまってるように、ワンパンチ足らない現状。オークスは記念出走に近い形になるとは思いますが、それでも出走するからには全力で応援します。
中2週での関東遠征が続きますが、疲れを少しでも癒して本番が迎えられるよう祈ります。




ひっそりと福島で走っていたロケットダッシュについては明日にでも。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment