fc2ブログ

On The Bridle!!

一口馬主クラブ「CARROT CLUB」及び「TOKYO THOROUGHBRED CLUB」に出資した愛馬たちの成長記録等を中心に取り扱っています。

今週の出走馬 2023/012/10 【レッドヴェロシティ オリオンS(3勝クラス)】

レッドヴェロシティ 5歳 牡 黒鹿毛
父ワールドエース×母トップモーション(BMS:シンボリクリスエス)
関東 木村哲也厩舎


レッドヴェロシティ


2023.11.29
美浦:木村哲也厩舎
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドチップコースで追い切り。
ウッド
レッドヴェロシティ 85.7-68.3-52.9-38.3-12.1 仕掛け
ジオグリフ     85.9-68.5-53.0-38.5-12.2 馬なり


木村調教師「今日もオープン馬と併せて追い切っています。時計としては先週と変わらないくらいとはいえ、動きは徐々に軽くなってきた感じですね。ただ、今回は右の背腰があまり良くないところがあって、直線で左手前にしてから走りがバラバラになったのが気になるところではあります。長期休養から競馬を一度使って少なからず負担は掛かっていたと思うので、背腰に関しては引き続き治療をしながら良化させていきたいですね。そこが楽になれば、走りもまとまってくると思いますよ。動けていないわけではありませんし、息の入りなどはやるごとに良くなってきているだけに、競馬まで右半身に注意しながらやっていくつもりです。体調自体は悪くなさそうなので、やり過ぎて負担が大きくならないように乗り込んでいきます」
※12月10日(日)阪神9R・オリオンS(3歳上3勝クラス・芝2200m)をT.マーカンド騎手で予定。

2023.11.30
美浦:木村哲也厩舎

乗り運動後、ダートコース1周。
木村調教師「昨日(水)追い切ったので軽い調整です。昨日も右半身中心に治療しておいたので、歩様に関しては大丈夫そうですね。背腰もそこまで気にならないということなので、引き続きケアしながら進めていけば来週までには整いそうですよ。長く休んでいた分を取り戻すには、負荷を掛けて回復して…というサイクルを繰り返すしかないので、馬も苦しいところはあると思いますが、何とか乗り越えてもらいたいですね。相変わらず飼い葉はよく食べていますし、体調面は変わりなくきているので、今後もしっかり乗り込んでいきます」

2023.12.06
美浦:木村哲也厩舎
乗り運動、ダク、ハッキングの後ウッドで追い切り。
ウッド
レッドヴェロシティ  67.8-53.0-37.9-11.5 馬なり
アトリウムチャペル  67.5-52.8-37.7-11.4 馬なり


木村調教師「今日は気持ちを乗せておきたかったので、3頭併せの真ん中に入れて追い切りました。先週はまだ最後に渋いところも見せていましたが、今日は道中もスムーズでしたし、最後まで体が浮くことなく質の高い動きができていたように思います。元々追い切りでビュッと動くタイプでもないので、やる気を見せて最後まで頑張れたあたりは評価していいと思いますよ。一度使って内面は確実に良化しているはずですし、競馬になればいつも最後まで頑張ってくれる馬ですからね。当然、前走以上を期待していいと思います。輸送も問題ないタイプですし、阪神も経験しているので力は出してくれるはずですが、後は展開一つになるでしょう。態勢は整ったと思うので、いい内容を期待しています」
今週日曜阪神オリオンSをマーカンド騎手で予定。
※12月10日(日)阪神9R・オリオンS(3歳上3勝クラス・芝2200m)にT.マーカンド騎手で出走を予定しています。

2023.12.07
美浦:木村哲也厩舎
乗り運動後、ダートコース1周。
木村調教師「今日はダートコースをひと回りして調整しています。馬体に関してはやるごとに体も締まってきましたし、緩さや硬さも気にならないですね。歩様もシャキシャキと活気があり、やっと状態も上がってきたかなというところです。気持ちに関しても休み明けの前回よりは気があるようには見えますが、もともと追い切りで渋いところを見せても競馬では頑張る馬なので、そのあたりは大丈夫でしょう。脚部不安明けでソフトな調整だった前回よりは動けると思いますし、マーカンド騎手も手が合いそうなイメージなので期待したいですね」
※12月10日(日)阪神9R・オリオンS(3歳上3勝クラス・芝2200m)にT.マーカンド騎手で出走します。


2年前のセントライト記念以来の2200M戦となりますが、前走の復帰戦よりコンディションは上向いてきている感じはしますので、何とか対応して貰いたいところ。12頭立てと手頃な頭数になりましたが、菊花賞でも穴人気をしたマイネルラウネアを始め、安定勢力であるエアサージュや前走好内容のファンタジアなどメンバーは骨っぽく感じます。
この距離でもスピード負けせず走れる事が分かれば、番組を選択する幅が広がりますので、好結果を期待したいですね。鞍上のマーカンド騎手も前日の土曜日に3勝となかなか好調で、腕っぷしが強いのでじわじわと伸びる本馬と相性も良いんじゃないかと思ってます。


関連記事
スポンサーサイト



Last Modified :

Comment







非公開コメント