fc2ブログ

On The Bridle!!

一口馬主クラブ「CARROT CLUB」及び「TOKYO THOROUGHBRED CLUB」に出資した愛馬たちの成長記録等を中心に取り扱っています。

今週の出走馬 2023/012/09 【ラヴォルタ 3歳以上1勝クラス】

ラヴォルタ 5歳 牝 鹿毛
父ロードカナロア×母フロアクラフト(BMS:フジキセキ)
関東 田村 康仁厩舎


23/11/14  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「前回の経験、反省を踏まえてオーバーワークになりすぎないように気を付けつつ、入念に動かしてきています。時計で言うと、14-14くらいをコンスタントに行うようにしていて、さらに強いところを求めすぎないようにはしています。幸い、悪くないのではないか、前回よりはゴトゴト感が少ないのではないかと思える状態に思えますから、このまま乗り進め、送り出す態勢を整えていきたいです」(天栄担当者)

23/11/21  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「調整自体は変わらずに行えていて、状態的にもまずまずと言える状況にあります。田村調教師と相談し、年内に次の目標を置くことになりましたので、正式な移動の声がかかり次第送り出せるように体調を整えていくようにします」(天栄担当者)

23/11/23  田村厩舎
22日に美浦トレセンへ帰厩しました。23日は軽めの調整を行いました。
「前走後の天栄での乗り込みもまずまず順調に行っているようでしたので、年内の競馬を目標に、このタイミングで戻させていただくことにしました。中山、中京と考え得る番組があるので、仕上がり具合をまず見ながら判断していきたいと考えています」(田村師)

23/11/30  田村厩舎
29日は軽めの調整を行いました。30日は美浦坂路で追い切りました(53秒0-39秒4-25秒5-12秒4)。
「今朝は後半の組で馬場入りして時計を出しています。前走は頑張りを見せてくれて良かったけど、正直、その前の調教では硬さを感じていて調整に気を遣った部分はありました。その点は今回もポイントになるかと思っていましたが、先週の帰厩後に動かし始めても前走前ほど硬さを感じることはなく、まずまず順調に調教を進められていますね。競馬は来週の芝1200m戦を見ていますが、中山、中京のどちらにも組まれているので、今後の様子を見つつ決めていきます」(田村師)
12月9日の中山競馬(3歳上1勝クラス・芝1200m)もしくは同日の中京競馬(3歳上1勝クラス・芝1200m)に出走を予定しています。

23/12/6  田村厩舎
6日は美浦坂路で追い切りました(52秒4-38秒2-25秒0-12秒4)。
「先週の追い切り後も極端に硬くなりすぎることはないので、このまま進めていければと考えていました。流れも良いので、通常ウッドチップコースで追い切るところを今回も坂路2本にして、2本目を52秒半くらいで動かしてあります。動き自体は問題なく、また今回は硬さが目立ってくることもないので順調に来ていると言えるでしょう。中山か中京かで検討していましたが、コースレイアウト的に道中比較的真っすぐ走ることができる中京のほうがベターかな…ということもあり、相手関係等々の条件如何にもよりますけれど、今のところ中京のほうを軸に考えていて、丸山元気を押さえてあります」(田村師)
状況如何で変更する可能性もありますが、今のところ9日の中京競馬(3歳上1勝クラス・芝1200m)に丸山騎手で出走を予定しています。

中京で出走する事になりましたので、走ってる姿を直で見る最後のチャンスかなと思って競馬場へ行こうかと思っていたのですが、12Rというのがネックに。その時間まで競馬場に滞在する事が出来なかったので、諦める事にしました。と言うか、リアルタイムで見る事も出来ないかもしれません
前走で良い切っ掛けを掴んだのかは分かりませんが、坂路調教はなかなかの時計を出しています。前走は諦めずに長い直線を伸びていましたので、ここでも流石に勝ち切るとは言えませんが、好走くらいは願いたいと思います。

メンバー自体は前走の方が圧倒的に揃っていたので、ノーチャンスではないと思いますが、若干枠番が微妙なところ。隣の枠の1番人気になるであろうフライングブレードがどう出るかにもよりますが、無理に控えるよりは前走逃げた馬がいないので、スタート次第ではハナに立ってもいいような気もします。騎手の好判断に期待したいですね。


関連記事
スポンサーサイト



Last Modified :

Comment







非公開コメント