fc2ブログ

On The Bridle!!

一口馬主クラブ「CARROT CLUB」及び「TOKYO THOROUGHBRED CLUB」に出資した愛馬たちの成長記録等を中心に取り扱っています。

2023/12/02/ レース結果 【フォラブリューテ 浜松S(3勝クラス)10着】

フォラブリューテ 4歳 牝 黒鹿毛
父エピファネイア×母ブルーメンブラット(BMS:アドマイヤベガ)
関東 嘉藤貴行厩舎


フォラブリューテ


23/12/2  嘉藤厩舎
2日の中京競馬では道中は中団のインコースからレースを進める。直線で外目へと誘導していくが、目立った伸びは見られず10着。
「スタートしてからいいポジションで運ぶことができましたし、十分手応えは残っていたのですが、いざ追い出してから弾けてくれませんでした。馬は変にテンションが上がるようなこともなく、道中も引っ掛からず折り合いもついていたんですけどね…。直線もちゃんと進路はあっただけに物足りない内容のレースとなってしまいました。申し訳ありません」(丸山騎手)
道中は折り合って進められていましたし、レースぶりは決して悪くないように見えたのですが、直線で追ってから伸び切れませんでした。状態はいいだけに物足りなく感じますが、なんとかきっかけを掴んでもらいたいと思います。この後は馬体を確認してから検討していきます。

23/12/6  嘉藤厩舎
6日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬はいい感じで向かえそうと思っていただけに、良い走りを見せることができず残念でしたし、申し訳ありませんでした。レースは大人しく、折り合い面の問題もなかったのですが、実は体が想定していたよりも減っていました。トレセンを出る前が467キロで、競馬は460キロくらいで競馬できればと思っていたのですが、さらに10キロ少ない体になっていました。それにただ減っただけでなく、到着後の競馬場の馬房でも終始カリカリしていたようで、レース前に消耗してしまっていたのでしょう。それなので折り合えていたと言っても本当の意味で折り合えたのかどうかというのも見極められなかったのが正直なところです。帰ってきてからの馬体、脚元に問題はないものの、気持ちの面のケア、そして減った体を戻す必要がまずあると思いますので、いったん放牧に出し、整え直してから次走へ向かわせてください」(嘉藤師)


4角までは理想的な競馬に近いと感じていましたが、直線いざ追い出しにかかるとさっぱり伸びず…。確かに馬体重を更に減らしていたのは気になってはいましたが、どうやら厩舎の想定よりも減っていた模様。既にレース前から消耗していたようで、パドックで余り覇気を感じないなと思ったのは残念な事に正解だったようです。

知立SやセプテンバーSでは着順はともかく、直線はしっかりと脚を使っていたので、もはや気分次第といった感じになってきました。何とか立て直して欲しいところですが、癇性の強い牝馬だけに難しいところです。レースヘ向かう態勢を整える管理厩舎のスタッフの腕の見せ所とも言えますので、頑張って貰いたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



Last Modified :

Comment







非公開コメント