fc2ブログ

On The Bridle!!

一口馬主クラブ「CARROT CLUB」及び「TOKYO THOROUGHBRED CLUB」に出資した愛馬たちの成長記録等を中心に取り扱っています。

'22年産近況 【ハープスターの22 2023/11/30】

57.ハープスターの22 牡 鹿毛
父サートゥルナーリア×母ハープスター(BMS:ディープインパクト)
関西 池添学厩舎


ハープスターの22


23/11/30  NF早来
【馬体重:425キロ】
現在は週3日、坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンター1800mやウォーキングマシン調整を取り入れています。
気持ちの昂ぶりには十分気をつけていますが、今のところスタッフの手を煩わせるようなことはなく、スムーズに乗り進めることができています。心身ともにまだこれからの成長は必要ですが、登坂ペースを物差しにするならば順調に進められている組に属することができていると言えるでしょう。

ハープスターの仔という事で、琴座にまつわるネーミングが一番採用されやすいのかなと思いますが、やはりここは牡馬という事もあり、父サートゥルナーリアのからの連想も入れたいところ。と言う訳で、父の元ネタとなったサトゥルヌスと母名からという安易な連想で土星(Saturn)に関する名前で応募しました。
本当はアルナスライン(アラビア語で「2羽の鷲」、わし座と琴座を例えたもの)で応募したかったのですが、初代がGⅡ日経賞勝ちに天皇賞(春)2着という実績馬ですので、2004年産まれの馬で規定に問題ないとは言え、流石にそう簡単に再び名付けられるとは思えません。まあ、ライラスターの馬名応募時にも思った事ですが。




先月馬友さんがNF早来でハープスターの22の見学に行かれており、静止画と動画をご厚意で頂きました。ブログに掲載する許可も頂いたので、記録として残しておこうと思います。公式のコメントはあっさり風味ですが、現場ではやはり期待されているようですので、今後の成長を楽しみにしたいと思います

ハープスターの22



ハープスターの22


LINE経由の動画の切り抜きなのでかなり粗くなってしまいましたが、思った以上に人に従順な感じがしますね。

関連記事
スポンサーサイト



Last Modified :

Comment







非公開コメント