ロケットダッシュ、期待の2戦目は逆噴射のブービー

ロケットダッシュ 3歳 牡 鹿毛

3/24(吉田厩舎)
24日の阪神競馬ではまずまずのスタートから芝部分で二の脚がつき、好位を窺う。ダートコースに入ると行きたがる素振りを見せてしまい、直線は余力がなくなり15着。
「前半かなり行きたがってしまったこともありますが、それよりもコーナーで外、外に張っていたことの方が気になりました。2戦目ということではっきりした原因は分からないものの、馬を怖がっているのかなとは思いましたし、気性的にあまり長い距離は良くないかもしれません。先生にも伝えましたが、スタート部分の芝の走りがとても良かったので、使えるタイミングがあれば芝もいいように思いました。今日は結果を出せず申し訳ありません」(菱田騎手)
「2戦目で行きっぷりが良くなることは予測できたので、なるべくソロッと乗って欲しいと指示をしていました。しかし、芝部分でスピードに乗り、ダートに入って前が開いたらやはりかかってしまいました。なんとか抑えてはいましたが、最後はガス欠のような形。今日のレースを見る限りは、やはり距離は短い方が良さそうです。ジョッキーは芝の走りが良かったと言ってくれましたが、権利がないと出走は厳しいでしょうし、まずはダートで1勝を目指すことになると思います」(吉田師)
初戦はゲートの出が遅く前半フワフワした感じで進められた分、終いにいい脚を見せてくれましたが、一度使ったことで前向きさが出て行きたがってしまいました。現状は1200mから1400mぐらいで折り合いに専念するのが良さそうです。敗因ははっきりしていますし、次走の巻き返しに期待したいと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


初戦は相手に恵まれてのものだったので、過度な期待は抱いてはいなかったのですが、予想を上回る笑劇もとい衝撃の着順。
能力があれば多少かかろうが、それなりの着順に持ってきますので、ちょっと勝ち上がる事すら危惧しないといけないかもしれません。
何にせよ課題も分かった事ですし、それなりの矯正をして次走を迎えて欲しいところです。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment