ロケットダッシュ、既走馬相手に5着健闘

ロケットダッシュ 3歳 牡 鹿毛

3/10(吉田厩舎)
10日の阪神競馬では立ち遅れ気味のスタートから後方を追走。3コーナーから徐々に進出し、直線は馬場の外目を際立った伸びで5着。
「返し馬で跨がったときから素質を感じました。ただ、初戦とあってゲートがもうひとつ。スタートのときに頭を上げてしまってダッシュがつきませんでした。そのあとはスムーズでしたし、直線外に持ち出してからはひと追いごとにしっかり伸びてくれました。距離はもう少し延びても対応してくれそうですね。使いつつというより、次あたりチャンスでしょう」(戸崎騎手)
「勝つことができず申し訳ありません。いい仕上がりでしたが、初戦ということでスタートが今ひとつ。そこで無理をせずじっくり進めてくれたあたりはジョッキーもさすがでした。直線はいい伸びを見せてくれましたし、次につながるレースはできたと思います。使って良くなるでしょうから、馬体に問題なければこのまま使っていく予定です」(吉田師)敗れはしましたが、出負けしながら直線でしっかりと伸びて5着と、既走馬相手の初戦としては上々の内容だったと思います。叩いた上積みも見込めるでしょうし、次走が今から楽しみです。このあとはダメージがないようなら在厩のまま次走に向けて調整していく予定です。


スタートには出資者全員が苦笑いをした事でしょうが、結果的に優先出走権が取れたのは大きかったと思います。
直線での脚色は良かったように思えますが、決着時計は1:14.5で当馬の推定上がりは38.6と決して秀でている訳ではない事が分かります。
次走は楽しみではありますが、過剰な期待をかけてはいけないかもしれません。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment