3歳馬近況 2/26及び厩舎情報 2/27・28

フロアクラフト 牝 黒鹿毛

2/26(NFしがらき)
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週に引き続き、周回コースと坂路での調教を進めています。使ってきた分、馬体の回復も遅いように感じますし、もう少しゆったりと乗りながら体をふっくらさせていきたいですね。疲れ自体は抜けてきているようですよ。馬体重は475キロです」(NFしがらき担当者)


疲れは抜けて来ているようですが、馬体重の戻りが緩やかです。
帰厩のタイミングが計れませんが、予定よりは遅くなりそうな気がします。




ラブラバード 牡 芦毛

2/27 松田博厩舎
27日は栗東CWコースで追い切りました。
「先週末にサッとコースに入れて状態を確認しましたが、飛節は落ち着いていますし、今朝ビシッと併せて追い切りました。相手は格上の古馬ですから遅れたのは仕方ありませんが、今日はとにかくいい動きだったよ。長めからしっかりやったけれど、最後まで集中していて、乗りにくいところもなく以前とは走りが違ってきた感じ。考えてみれば、久々に帰厩して先週あたりはちょうど疲れが出る頃だったのかもしれません。少し楽をさせたことでグッと気配は上向いてきたし、久々でも楽しみですよ」(松田博師)
3月2日の阪神競馬(アルメリア賞・芝1800m)に池添騎手で出走を予定しています。


出走が決定したアルメリア賞は6頭立てとありえないほどの小頭数。ドベにさえならなければ掲示板という、ある意味美味しいレースとなりました。
最終追い切りは古馬OPのトリップと併せて、CW・稍重 83.5-67.4-52.7-38.7-12.4と上々の時計をマーク。先週のアクシデントがなければもう少し強気になれたのですが、ある程度の仕上がりはみせています。
鞍上の池添騎手はチューリップ賞に出走するヴィルジニアとのセット騎乗なのかもしれませんが、どのようなレースをするのか楽しみです。


ロケットダッシュ 牡 鹿毛

2/28(吉田厩舎)
27日は軽めの調整を行いました。28日は栗東CWコースで追い切りました。
「今週の出走も視野に入れていたのですが、先週末に坂路で一杯に追い切った時の息遣いが悪く、仕上がるのにはもう少し時間が必要だと判断しました。今朝はCWコースで併せて追い切りましたが、週末の走りに比べると格段に良かったですね。週末一杯に追ったことで息もできてきたのでしょうし、坂路が不得手なタイプなのかもしれません。先週末は、あと1ヵ月ぐらい必要かと思っていましたが、この動きならそう遠くなく使っていけそうです。ただ、直近にダート短距離の混合新馬戦がないので、未勝利戦でのデビューになりそうなことをご了承いただければと思います」(吉田師)


残念ながら新馬戦でのデビューは叶わず。昨年の頓挫が悔やまれるところです。
現状まだまだ仕上がり途上といった感じですので、もう少し乗り込んで調教時計を縮めて欲しいところです。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment