エースドライバー厩舎情報 2/12・13

エースドライバー 4歳 騙 鹿毛

2/12 鹿戸雄厩舎
12日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「歩様が悪くなっていた原因の膿が出きってからは順調に回復し調整を進めることができていました。乗り込み量をしっかりと補えたというわけではないのですが、障害レースへの転向ということでまた試験までの調教、競馬までの調教にそれなりの時間を要することを考えて調教師と相談した結果、少し早めに入れて厩舎で対応していくこととなりました。本日の検疫でトレセンへ送り出しましたので、何とかいい形で進めていってもらえればと思います」(天栄担当者)

2/13(鹿戸雄厩舎)
13日は軽めの調整を行いました。
「天栄で歩様の不安を解消してもらうことに専念してもらいましたが、蹄に原因があったようでその痛みがなくなったら快方へ向かってくれたとのことでした。本来ならばそこから乗り込みを重ねていって態勢が整ったタイミングで帰厩ということになるでしょうが、レースまで多少の時間が必要な障害馬ですから早めに入れてこちらで改めて対応していくこととなりました。火曜日に帰厩して今朝は北馬場をじっくり乗るメニューにしています。おそらく今週いっぱいはじっくり動かすことに終始して体力をつけていき、来週あたりから徐々に障害練習を再開しようかと考えています」(鹿戸雄師)


思った以上に早い帰厩となりました。とは言え、まだ障害試験という壁が立ちはだかっています。
もう障害馬デビュー出来れば、それだけで御の字といった心境になってきました。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment