2歳馬近況 1/31

15.トキオリアリティーの11 牡 栗毛
父ネオユニヴァース×母トキオリアリティー(BMS:Meadowlake)
関東 堀宣行厩舎

トキオリアリティー11


1/31(NF空港)
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は周回ダートコースでダク1000mとキャンター2500mの調整メニューを日々こなしています。
ここまで継続的に周回ダートコースで乗り込んでいますが脚元に気になる部分はなく、調教を進めていきやすい1頭です。今後は徐々に屋内坂路コースでの調整を開始していきますが、日々の登坂を重ねることで動きは勿論のこと、馬体もまだまだ良くなっていくことでしょう。今からその日を迎えるのが非常に楽しみです。


残念ながら、1月中に坂路入りする事はありませんでした。
更新された静止画を見る限り、腰高でまだまだ体高が伸びるような感じです。やや奥手気味な感じを受けますので、このままのペースでも全然問題はなさそうです。


24.ピューリティーの11 牝 栗毛
父スペシャルウィーク×母ピューリティー(BMS:パントレセレブル)
関東 古賀慎明厩舎

ピューリティー11


1/31(NF早来)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調教を行っています。
栗毛の金髪で見た目は派手な女の子ですが、普段から乗り手の指示に素直に従ってくれるタイプなのでとても扱いやすい馬です。調教は牧場の中でも進んでいる組に入っており、今後どれほどの成長を見せてくれるのか、日々楽しみに調整を行っています。


この時期のこのペースで、進んでいる組という認識が分かりました。NF早来調教馬に出資するのは何せ初めての事ですので、調教ペースなどは分からない事ばかりです。
当馬に関しては、願わくば5月までに後20㎏馬体重が増えてくれると理想なのですが。


44.ヒストリックスターの11 牝 鹿毛
父ディープインパクト×母ヒストリックスター(BMS:ファルブラヴ)
関西 松田博資厩舎

ヒストリックスター11


1/31(NF早来)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調教を行っています。
力強く、安定感のある走りを見せていますが、まだ体を持て余している印象を受けます。馬体を見てもこれからの伸びシロは十分に感じられるだけに、今後の調教の中で体の使い方をきちんと教えて、一段上の走りを会得させていきたいと思います。


体型がスクエア気味でまだまだディープインパクト産駒らしさは見えません。
牧場側の評価は上々な感じは受けますので、15-15のペースも軽くクリアして欲しいですね。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment