エースドライバー厩舎情報他

エースドライバー 4歳 セン 鹿毛

1/3  鹿戸雄厩舎
3日は軽めの調整を行いました。
「年末はコースでの調教と障害練習を並行しながら順調に乗れていました。飛越はやり出した時は上に飛ぶ感じだったのですが昨日飛ばせたときはだいぶ良化していて比較的スムーズな飛越を見せてくれていました。これならばそう遠くないタイミングで障害試験まで向かうことができるかもしれないなと思っていたんです。ただ、午後になって様子を見たところ歩様が良くなく、状態を確認したところ左肩と右前脚の蹄の状態がひと息に感じました。蹄に関しては若干熱を持っているので念のためにレントゲンを撮ったところ骨に異常はありませんでした。消炎剤を打っているので細かい原因は掴みづらいのですが、おそらくザ石の炎症から来るものだろうという診断でしたので、週明けくらいまでじっくり様子を見て変化を把握していきたいと思います。ただ、左のほうは脇を開いたような感じの痛みなので、回復させるためにいったん仕切り直すことになるかもしれません」(鹿戸雄師)



1/8(NF天栄)
8日にNF天栄へ放牧に出ました。
「障害練習を順調に行えていたようでしたが、年末に歩様が芳しくなくなったとのことでした。おそらく蹄、そして脇を開いたことによる影響だろうということで、調教を再開するのに少し時間がかかるようでしたからいったん立て直すこととなりました。まずは数日の様子をこちらでも見ていって、回復とともにどういった調整をしていけるか判断したいと思っています」(天栄担当者)


再びのアクシデント発生で残念ながら天栄に逆戻り。
時間がかかりそうですし、最悪このまま引退という可能性もあるかもしれませんね。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment