1歳馬近況 12/21

15.トキオリアリティーの11 牡 栗毛
父ネオユニヴァース×母トキオリアリティー(BMS:Meadowlake)
関東 堀宣行厩舎

トキオリアリティー11


12/21(NF空港)
馬体重:477.0kg 
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は初期馴致も終えて、周回ダートコースでダク1000mとキャンター2500mの調整メニューをこなしています。キャンターのペースはハロン25秒くらいでゆったりとしたものですが、非常にいい形で進めることができています。気性も前向きですし、乗り出して間もないながらも生まれもったセンスの良さを感じさせる走りをしてくれています。また乗り出したことで徐々に体も引き締まり、競走馬らしい体になってきました。このまま問題なく進めることができれば、年明けには坂路コースでの調教も取り入れて行く予定です。



24.ピューリティーの11 牝 栗毛
父スペシャルウィーク×母ピューリティー(BMS:パントレセレブル)
関東 古賀慎明厩舎

ピューリティー11


12/21(NF早来)
馬体重:457.0kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22~23秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン18~19秒のキャンター1本の調教を行っています。乗り手の指示にきちんと従って動いてくれるのでとても乗りやすい馬です。新たに開始した坂路コースでの調教においてもなかなかスピード感のあるキャンターを見せており、父譲りと思わせる瞬発力も感じられます。今後も持ち味のスピードに磨きをかけるように調教を行っていきたいと思います。



44.ヒストリックスターの11 牝 鹿毛
父ディープインパクト×母ヒストリックスター(BMS:ファルブラヴ)
関西 松田博資厩舎

ヒストリックスター11


12/21(NF早来)
馬体重:471.0kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22~23秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン18~19秒のキャンター1本の調教を行っています。現状の馬体を見ると腹袋がしっかりとしており母父ファルブラヴの特徴が出ている感じですが、調教を進めて馬体が引き締まってくるに連れてディープらしい体付きに変わってくると考えています。人に対しては従順ですが、少し気の強い性格をしていますので、今後もうまくコミュニケーションを取りながら接することで理想的な成長を促していきます。


年内の1歳馬更新はこれで終了。
3頭共引き続き順調なようで一安心といったところです。
今までNF空港育成馬しか出資してこなかった為、NF早来の調教の進捗度や負荷のかけ方などがよく分かっていなかったりします。まあ、勉強不足ですね。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment