2歳馬近況 12/4及び厩舎情報 12/5・6

ロケットダッシュ 牡 鹿毛

12/4(NF空港)
トレッドミルでハロン22秒のキャンターと週3回は屋内コースでハロン16秒のキャンターを行っています。
「運動を継続しても右前脚の状態は安定していますし、その他の部分も気になることはありませんね。今後も現状のペースでしっかりと慣らしつつ、次の段階に備えていきます。馬体重は514キロです」(空港担当者)


調教ペースも馬体重も安定してきており、脚元の不安も大分薄れてきました。
北海道も厳冬期に入りますので、この様子なら今月中にはなんらかのアクションがあると思います。




フロアクラフト 牝 黒鹿毛

12/5(西園厩舎)
5日は軽めの調整を行いました。
「レースを使ったダメージは回復してきて、カイバ喰いも戻ってきていますが、ちょうどここから体が戻ってくる頃でしょうから、今週も軽めに乗って調整し、来週ビシッと追い切って態勢を整えようと思っています。そういう意味ではちょうどいい間隔のところで牝馬限定戦があるのはラッキーでしたね。見た目には細く見えませんが、もう少し張りが戻ってくれるとさらにいいという印象ですし、今週いっぱいは動かしつつ体調アップに努めていきます。ちょうど愛知杯がある日で、関東からもジョッキーが来ますので、今回は三浦騎手にお願いしています」(西園師)
15日の中京競馬(2歳未勝利・牝馬限定・芝1600m)に三浦騎手で出走を予定しています。


強い追い切りが来週の1本だけというのに一抹の不安が。
関東から遠征してくる三浦騎手に依頼したようですが、西園厩舎とは珍しい組み合わせのような気がします。


ラブラバード 2歳 牡 芦毛

12/6 松田博厩舎
5日、6日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、終いもう少し伸びるかと思ったのですが、あのあたりはもしかすると使ってきた分の疲れなのかもしれません。水曜、木曜と坂路で軽く脚慣らしをしてきましたが、馬体に特に問題はありません。これ以上ガクッとダメージが出る前に放牧に出せば長い休養もいらないでしょうし、明日NFしがらきへ移動させます」(松田博師)
7日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


口ぶりからすると短期放牧といった感じで、1月には戻ってきそうな雰囲気。
既に12頭の2歳馬が勝ち上がっている松田博厩舎。来年は同門内で馬房を争う羽目にもなりそうです。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment