エースドライバー帰厩

エースドライバー 3歳 牡 鹿毛

11/20 NF天栄
周回コースでハロン17~18秒のキャンター調整を行っています。
「先週から乗り出しましたが、その後脚元を気にする素振りがぶり返すこともありませんし、順調に来ています。体調的にも大きな問題はなさそうに感じますよ。まだ障害練習を行うまでには至っていませんが、ある程度の形までできていましたし、慌てて取り入れていく必要もないでしょう。タイミングを見ながら織り交ぜていくかもしれませんが、このまま順調に行けば年内に再度移動を検討していけるようになるかもしれませんね」(天栄担当者)

11/27 NF天栄
周回コースでハロン17~18秒のキャンター調整を行っています。
「蹄、骨りゅうのある前脚などよくチェックしながら日々の調教に取り組んでいますが、今のところは大きな問題はありません。また痛みなどをぶり返すようなことは避けたいので、まだ障害練習は行っていません。これまでに基礎の部分をある程度のところまで造っていますからそれほど大きな影響はないかと思われます。楽をさせた分の乗り込み量を補っていけば移動の態勢も整ってくるでしょう。このまま順調に行けばという前提ですが来週以降の12月中の入厩を考えることができるようになるはずですよ。馬体重は472キロです」(天栄担当者)

12/4 NF天栄
周回コースでハロン17~18秒のキャンター調整を行っています。
「順調に乗り込みを行っていますよ。体調面は悪くなく、今の感じでいければそう遠くないタイミングで移動を考えていくことはできるのではないかなと思っているんです。検疫の状況次第でもあるのでまだ流動的ですが、早ければ今週や来週あたりの可能性もあるかもしれませんね」(天栄担当者)

12/6(鹿戸雄厩舎)
6日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「少し前に一度帰厩させることができそうな状態になってきていたので受け入れ態勢を整えていたのですが、ちょっとだけ不安が出たということで延期になりました。新しいことを始めるわけですし、少しでもいい状態のほうがいいのは確かですから焦らないで待っていたところ、思ったよりも早く、今週戻ってくることとなりました。久しぶりになるのでまずは慣らして様子を見ていきますが、徐々に進めていきたいと思っています」(鹿戸雄師)


ハードルデビューを果たすべく、エースドライバーが生き残りを賭けて帰厩しました。
まだ障害試験も受けなければいけないので、デビュー出来るかすら定かではありませんが、頑張って欲しいものです。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment