2歳馬近況 11/6及び厩舎情報 11/7・8

ロケットダッシュ 牡 鹿毛

11/6(NF空港)
角馬場での常歩運動とトレッドミルでハロン22秒のキャンターを行っています。
「トレッドミルでハロン24秒のキャンターを継続しても堪えた様子は見られませんので、この中間から乗り運動を開始してトレッドミルでのキャンターペースも上げています。乗り運動と言ってもまだ常歩程度ですし、引き続き脚元や体をしっかりと解しつつ進めていきます。馬体重は526キロです」(空港担当者)


ようやく軽くとは言え、乗り運動にまで漕ぎつけました。
ほとんど1歳馬と変わらないペースなのでまだまだ時間がかかりますが、セールでの試走から素質はあると信じて待つのみです。




フロアクラフト 牝 黒鹿毛

11/7(西園厩舎)
7日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は悪くない走りをしてくれたのですが、勝ち馬にあの競馬をされてしまっては相手を褒めるしかないでしょう。調教の動きも良かったし期待していたのでもちろん悔しさはありますが、実戦でしっかりと動けることを確認できたことは収穫ですし、次こそはの気持ちです。レース後のカイバ喰いも現状では気になることはないし、このまま進めていけそうですよ。状態次第では前後するかもしれませんが、今のところは阪神開幕週の競馬を目標にしたいと考えています」(西園師)
状態次第で変更になる可能性はありますが、今のところ12月1日の阪神競馬(2歳未勝利・牝馬限定・芝1600m)を目標にしていきます。


直ぐに次走の予定がたてられたように、レース後ガタッと疲れが出たという事はないようで先ずは一安心。
阪神開催初日の牝馬限定マイル戦という激戦区になりそうなレースを目標にするあたり、当馬に対する評価は高いようです。
とは言え、過去POGの指名馬であった良血のレッドステラーノやクラヴェジーナのように未勝利戦くらいは勝つだろうと思っていた馬たちが結果的に勝ち上がる事が出来なかった苦い思い出もあります。
先ずは一つ勝つ事が何よりも大事ですね。


ラブラバード 2歳 牡 芦毛

11/8(松田博厩舎)
7日、8日は軽めの調整を行いました。
「週末から時計になるところをやるつもりで、水曜、木曜はCWコースで軽めのキャンターを行いました。水曜日は後ろからつつかれるような感じ、今朝は前を追いかけて走らせて、いずれもスムーズです。ここにきて体がコンパクトに締まってきていながら、背中の筋肉はしっかり盛っている状態。素軽く動けるようになっているのはそのあたりに要因があるんだろうね。次こそは、という気持ちですよ」(松田博師)


心配していた背肉の状態は良好のようで、体調も悪くないようです。
師の期待感も現れていますので、次走が何処になるかはまだ確定してませんが、非常に楽しみです。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment