逃した魚は…

オルフェーヴルの凱旋門賞僅差の2着、ジェンティルドンナの牝馬三冠達成、ゴールドシップが強い内容で菊花賞を制覇と話題に事欠かない競馬界ですが、個人的な注目レースだったのは先日の日曜日に行われた京都のメイクデビュー。
菊花賞当日に行われる芝1800M戦はここ数年何頭かのGⅠ馬を輩出し、伝説の新馬戦と呼称される事もままあるレースなのですが、そこに昨年最優先枠に申し込み、見事に散ったシーザリオの10ことエピファネイアが出走しました。

結果は皆さま周知の通りで、今後の期待を抱かせる走りを見せての勝利。何と言うか、逃した魚は大きかったのかもしれません。まあ、厳密な意味合いは少々異なりますが。

ここらへんに自分の馬運のなさをひしひしと感じますが、それでもシーザリオの仔が活躍するのは素直に嬉しいものです。是非ともクラシック戦線を賑わして欲しいですね。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment