2歳馬近況 8/27及びラブラバード厩舎情報 8/30

フロアクラフト 牝 黒鹿毛
父フジキセキ×母リッチダンサー(BMS:Halling)
関西 西園正都厩舎

リッチダンサー10


8/27(NF空港)
この中間も順調に調教を積んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15~17秒で2本元気に駆け上がっており、残りの4日は1000m周回ダートコースをスローキャンターで2周、もしくはダクのみの軽めのメニューで調整しています。慎重に調整を続けていますが、ここまでは状態面に不安が出ることはありません。馬体面にはハリがあり、毛ヅヤも良好ですし、見せる動きは上々です。


牝馬ながら筋肉質のゴツイ体つきになってきました。順調に仕上がっていますし、このまま何事もなければ秋には移動出来そうです。
先日某POGブログでも紹介されており、西園師も期待されているようで嬉しい限りです。


ロケットダッシュ 牡 鹿毛
父Bluegrass Cat×母Unfinished Dream(BMS:Silver Deputy)
関西 吉田直弘厩舎

Unfinished Dream10


8/20  NF空港
右前脚の腫れが治まらないことから検査を行った結果、腱鞘付近に出血が見られたため19日に手術を行いました。
「しばらく様子を見ていましたが、なかなか腫れが治まらず、歩様もむしろ悪くなってしまったので検査を行いました。原因はわかりませんが内部で出血が見られ、その出血によって腱鞘が圧迫されているのがわかりました。手術はその出血部分を綺麗にしたのですが、周囲に感染症などを引き起こしていなかったのは幸いでした。しばらくは舎飼で経過を観察していきます」(NF空港担当者)

8/27(NF空港)
術後の経過は順調で、今のところ問題はありません。現在は舎飼で様子を見ています。しばらく安静にして回復を主眼においた調整を行っていきます。坂路コース登坂時は馬群でも先頭でも、動じることなく自分自身の走りができるなど、ブレない走りができていただけに今回の頓挫は非常に残念です。今後は焦らずにまずは状態回復を図った上で次なるステップに向かいたいと思います。


怪我や疾病は仕方がありませんので、早期回復を願うのみ。悪化だけは勘弁してください。




ラブラバード 2歳 牡 芦毛

8/30(札幌競馬場)
29日は札幌ダートコースで追い切りました。30日は軽めの調整を行いました。
「水曜日はダートコースで追い切りました。併せ馬だとワンワン鳴いて大変なので単走でやっているんですが、動きはかなりしっかりしているよ。普段はおとなしいのでそれほど心配していないけれど、入厩当初は馬っ気も気になっていたので、実戦に行って気持ちの面がどうかでしょう。体もだいぶ締まってきたし、動ける状態にあるのは間違いありません」(松田博師)
9月1日の札幌競馬(2歳新馬・芝1500m)に藤岡佑騎手で出走いたします。


遂にデビューを迎えますが、札幌なら頭数は集まらないと思いきや、よもやのフルゲート。相手にこれといった血統馬は見当たりませんが、レポートを読む限り当馬も相当気性が幼いように思われます。
追い切りは一応水準程度には動いていますが、まだまだ集中しきれていないようです。新馬向きではなさそうですので、徐々に良化してくれればといった感じでしょうか。
まあ、それでも本心は物凄く期待してたりしますので、土曜日が待ち遠しいです。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment