'12-13 POG指名馬 その1

ダービーの前日にはドラフトを終えてましたので、今更ながら今回の指名馬を公開。無様にも最下位に終わった前回のリベンジを是非とも晴らしたいと思います。また恥を晒す羽目になるかもしれませんが…。
1位のみウェーバー方式を採用しており、8頭(牝馬3頭以上、新種牡馬1頭以上)を指名するというルールになっております。参加人数は7名。


1位 トーセンパワフル 牡 
父ネオユニヴァース×母アコースティクス(BMS:Cape Cross)
栗東 角居勝彦厩舎

ダービー馬ロジユニヴァースの全弟。既に6月2日の新馬戦で世代一番星を飾る幸先の良いスタートを切りました。
兄と同じく札幌2歳Sを目指すようですので、好走を期待します。


2位 アルテミスハート 牝 
父ハーツクライ×母ムーンレディ(BMS:Platini)
栗東 藤原英昭厩舎

前年1位指名のダノンムーンの半妹。今年こその期待を込めて再度指名。指名が重なりましたが、母の産駒を過去に指名していた場合に優先権が生じる為、無抽選でゲットする事が出来ました。


3位 ディオジェーヌ 牝 
父ディープインパクト×母フォーシンズ(BMS:Sinndar)
栗東 石坂正厩舎

キャロットで募集されたフェリスタスの半妹。妹はサンデーレーシングで募集されたように出来がいいのでしょう。馬格がない馬ですので、更なる成長をしてくれる事を祈ります。前回1位の方と競合の末、くじ引きにより勝ち取ったので、活躍を期待。

4位 クライナーヘルツ 牡 
父ネオユニヴァース×母ライジングクロス(BMS:Cape Cross)
栗東 池江泰寿厩舎

新進気鋭の馬主である林正道氏の所有馬という事でチョイス。ネーミングからも期待を感じられます。池江師お得意の新潟デビューと踏んでいたのですが、どうも札幌に移動する様。当たり配合であるHaloクロスがないのが不安な点。


5位 マッケンジー 牡 
父アグネスタキオン×母スパークルジュエル(BMS:Unbridled's Song)
栗東 松田国英厩舎

過去に比べ、やや低迷の続く松田国師の今年の一番馬らしいので、当馬での復権を期待して指名。千代田牧場でも評判馬だったらしいので、アグネスタキオンのラストクロップとして是非とも結果を残して欲しいものです。


6位 スペクトロライト 牝 
父ディープインパクト×母バランセラ(BMS:Acatenango)
美浦 堀宣行厩舎

昨年のキャロット募集にて、一般で申込して問答無用に落選した馬。せめて、POGではと思い指名。
堀師は数こそ使ってくれませんが、仕上げの腕は確かなので、体質さえ問題なければそこそこ活躍出来るのではないかと期待してます。


7位 ラブラバード 牡 
父スペシャルウィーク×母グレイトフィーヴァー(BMS:Kaldoun)
栗東 松田博資厩舎

まあ、察してやってください。心の底から活躍してくれる事を願ってます。


8位 シルバーサンライズ 牡 
父チチカステナンゴ×母シルバーネックレス(BMS:サンデーサイレンス)
栗東 音無秀孝厩舎

新種牡馬枠。本当は、ブラックタイド産駒のゼンノコリオリを指名する予定でしたが、他メンバー全員が新種牡馬枠としてチチカステナンゴを選択したので、流れでこの馬に。
指名の決め手は優駿5月号に掲載されていたから。母ダンスインザムードを差し置いての掲載だったので、出来がいいのかなと勘繰ってみました。


無駄に拘っていた外国産馬の指名を今年は断念。代わりに出資馬を放り込んでみました。やはり思い入れが特別ですから。
もうひとつ参加しているPOG(15頭指名)の方では外国産馬は1頭選んでいますが、指名馬の公開はまた別の機会に。母シルバーネックレス以外の7頭はそちらでも指名しています。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment