FC2ブログ

2018/10/02 レース結果 【アロマドゥルセ 兵庫特別(1000万下)2着】

アロマドゥルセ 4歳 牝 青鹿毛

18/10/2  音無厩舎
2日の阪神競馬ではスタートで挟まれてしまい最後方からの追走を余儀なくされる。向こう正面でポジションを押し上げ、勝ち馬をマークしていくも最後まで差を詰めることができず2着。
「ゲートを出てから挟まれて下がってしまったのですが、道中はスムーズに進められていましたし、無理なく自然な形で押し上げることができました。勝ち馬を後ろでマークし、うまく運べたと思ったんですけどね…。追い付くどころか、最後は離されてしまいました。今日は相手が強かったです。申し訳ありません」(北村友騎手)
「一完歩目が遅いために両サイドから挟まれてしまいましたが、その後はうまく進められていました。ただ、最後は突き放されてしまいましたからね…。よく頑張ってくれましたが、今日は相手の力が上でした。このまま続戦させるか、もしくは短期でもひと息入れて次走に向かうのかは、レース後の様子を見ながら検討させてください」(音無師)
休み明けでも仕上がりは良く、ここはなんとか勝ち切りたいところでしたが、今日は勝ち馬の力が一枚上でした。それでもしっかり2着は確保してくれたことから、次走でも引き続き期待したいと思います。この後はまず馬体をよく確認してから検討していきます。

18/10/3  NFしがらき
3日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「火曜日のレースはいい結果にならず申し訳ありません。スタート後に位置を下げてしまったのは痛かったですが、この馬らしく長く脚を使って力のあるところは見せた内容だったと思います。レース後は目立った疲れは見せていませんでしたが、詰めて使っていいタイプではないですし、無理せずにいったん放牧に出させてもらっています」(生野助手)


2度の開催変更がありましたが、パドックもゆったりと歩けており雰囲気は良く、これは良い結果が期待出来そうだと思ったレース前。残念ながら勝ち馬のアフリカンゴールドの完勝に終わってしまいましたが、3着の1000万下常連のフォイヤーヴェルクには2馬身1/2差をつけました。
まあ、ハンデ戦だった事もありますが、勝ち馬に番手から上がり最速を使われては為す術はありません。しかも、まだまだ余裕がありそうでしたしね。勝ち馬は次走菊花賞に挑戦するようですし、まあ相手が悪かったと思うしかありません。


【アフリカンゴールドが4馬身差の完勝 西園師「松若騎手で菊花賞に行きます」】https://www.hochi.co.jp/horserace/20181002-OHT1T50108.html


翌日にしがらきに放牧に出てしまい、また少し間隔を空けるようです。いつか順番は回ってくると思いますが、もう少し切れる脚を使えないと、クラスが上がってからが大変そうです。
スタートがもう少し改善して前々でレースが運べるようになれば、また変わってきそうな感じはあるのですが、馬の性格的になかなか難しいかなーと思ってます。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment