FC2ブログ

'11年産近況 【ネオリアリズム 2018/08/28~09/25】

ネオリアリズム 7歳 牡 栗毛

18/8/28 NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「こちらに到着後は、ウォーキングマシン中心に運動程度の調整を行って馬体のチェックをしているところです。今のところは目立った疲れなどなさそうですが、もう少し時間をかけて状態の確認を行っていきます」(NFしがらき担当者)

18/9/4 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「軽く動かしつつ、徐々にレースの疲れは抜けてきていますので、この中間から周回コースでの騎乗調教を開始しました。騎乗調教は週に1、2回に留めていますが、馬体重も529キロまで回復していますので、このまま乗りながらリフレッシュに努めていきます」(NFしがらき担当者)

18/9/11 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「乗り出してからも特に反動は見せていないので、この中間からは周回コースでの軽いキャンターをベースに、坂路調教も開始しました。まだ坂路入りの回数は抑えていますが、乗りながら特に気になるところはなく、馬体もしっかり回復してくれています。ここまでは順調に来ていると言っていいでしょう」(NFしがらき担当者)

18/9/12 NFしがらき
「現在しがらきで少しずつ立ち上げてもらっている状況ですが、まだ見通しを立てられるまでには至っていません。登録させていただいて申し訳ありませんが、前走の内容や前走後の状態を考えると秋のオーストラリア遠征は選択肢から外さざるを得ません。引き続き馬の良化具合を見つつ今後の方針を徐々に固めていきます」(堀師)

18/9/18 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「乗り出してからも特に反動は見せておらず、騎乗調教の割合を増やすなど徐々に調教のピッチを上げています。少し硬さが見られるので、トレッドミルで体を解してから乗るようにしているのですが、今のところは問題なく動かすことができていますし、このまま緩めずに進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

18/9/25 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も順調に乗り込みが続けられています。相変わらず硬さはあるので、引き続きトレッドミルを併用してしっかりと体を解し、坂路ではハロン17秒程度の普通キャンターペースで動かしています。まだ本調子というわけではありませんが、予定どおりのメニューを消化することができていますから、今後も無理せず馬の状態に合わせて進めていきたいですね。馬体重は546キロです」(NFしがらき担当者)


一応ここまで順調に調整されています。当然ながら選択肢の一つであったオースラリア遠征は白紙、次走も未定のままです。
状態自体は問題なさそうですが、どのレースを目標とすれば良いのか、不透明な状況。何処かのレースで結果を出さなければ、香港から招待状が届くかどうかも怪しいところです。


とりあえず、この間のニュースでネオリアリズムに若干係わり合いがあるかなと思った話題がこちら。


【重賞5勝のヤマカツエースが繋靭帯炎で引退】http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=142314


中距離戦のライバルの1頭であったヤマカツエースが引退。まあ、実際は中山金杯と札幌記念でしか顔を合わせていませんが、どうやら種牡馬になれるようです。
獲得賞金的には似たり寄ったりの馬ですので、ネオリアリズムも種牡馬になれると思うのですが、果たして繋養先が何処になるのが大きな問題ですね…。


そして、結局実現する事はなかった最強牝馬Winxとの対戦。相変わらず凄まじい強さを見せています。内弁慶とか言われてますが、それでもこの戦績は素晴らしいの一言。

【ウィンクスがG1・20連勝達成!直線一気で4馬身差完勝】http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=142775


こんな馬に出資してみたいものですね(笑)


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment