FC2ブログ

キャロット2018年度募集馬カタログPDF公開及び今年の出資方向性

本日キャロット公式HPにて、2018年度のカタログPDFと動画が公開されました。シルク同様にキャロットからも角居師の管理馬はいませんでした。さて、今後どうなるのですかね…。


それはさておき、今年の出資の方向性は、どれだけ好きな血統や気になってもディープインパクト産駒には出資しない事。そして、相当出来が怪しくない限りは、フロアクラフトの仔に初めての母馬優先権を使うと決めています。
また、今年は落選実績を積んでもいいとも思っていますので、欲しい馬に積極的に行くつもりです。

そのフロアクラフトの17(父ロードカナロア)ですが、初仔だけに高くても3000万程度と高を括っていました。しかしながら、蓋を開けてみれば予想を上回る募集額3600万円也。ロードカナロア産駒の牝馬としては、既に産駒で結果が出ているリリサイドの17の次に高額な値付けとなりました。
厩舎はここ数年キャロットとは疎遠になっている西園厩舎ではなく、関東の手塚厩舎となりました。個人的には悪くない厩舎だと思っています。朝日杯FSを勝ったアルフレード以降、クラブからの大物こそいませんが、募集馬の勝ち上がり率は悪くありません。
一番の問題は母馬優先のみで出資出来るかですね。割高感があるので、そこまで人気はしないのではと甘く見てますが(笑)
ちなみに2番仔も動画からは出来が良さそうに感じますので、来年も楽しみですね。…募集されれば。


他に気になる馬は何頭かいますが、正直人気が集中しそうな馬ばかり。特にアロマドゥルセに出資している身としては、ジャッキーテーストの17(父スクリーンヒーロー)が気になっていた訳ですが、まさかの堀厩舎。先ず落選実績がなければ出資不可能でしょうね。
しかしながら、サンデーレーシングでも人気が出そうな組み合わせの馬を、わざわざキャロットで募集するのは何故だろうかという疑問もあります。深読みをすると何らかの不安点があるのかなと思ってしまいます。ハープスターのようにクラブ間のバランスを取ってこちらに回ってきた可能性もありますが。

そして、リアルインパクト産駒に出資してみたかったので注目していたスネガエクスプレスの17。厩舎が牝馬が苦手な傾向がある音無厩舎でちょっとがっかり。いや、思いっきりアロマドゥルセでお世話になっているのですけどね(笑)

更には正直ダメ元でいいので突っ込んでみようかと思っているアヴェンチュラの17(父エピファネイア)。上の2頭の結果が出ていないので、高額な事も併せて人気が落ちるようなら狙ってみたいです。果たして、最優先での抽選の可能性はあるでしょうかね。


スポンサーサイト

2 Comments

くろまT(くれない・ミライ)  

おひさしぶりです

どうもお久しぶりです。
ブログはやめてしまったのですが、一口は細々とやってます。
2歳はアディクションとクロスパール。
今年は母馬優先でペルレンケッテの牡馬にいきます。
でも、ロードカナロアの中では一番安いですよね。
反面、フロアクラフトは出来がよいのでしょうね!

あと、ディープに行こうと思っています笑

2018/08/22 (Wed) 23:17 | REPLY |   

猪鹿蝶  

くろまT(くれない・ミライ)さん

お久しぶりです。かれこれ何年振りでしょうか。
コメントを頂き、嬉しい限りです^^

内容の薄いブログは細々と続いてますが、一口馬主の方は東サラにまで手を出して傷を広げています(笑)

ペルレンケッテはちょっと思い入れのある馬で、実はPOGで指名していました。なので産駒の活躍には期待したいと思ってます。
募集されるロードカナロアの牡馬ですが、側尺・厩舎と申し分なく(厩舎は好みが分かれますが)人気しそうですね。フロアクラフトの仔がいなければ、出資候補でした。

ディープの仔は現役で3頭出資していますので、今年はスルーです。高いですし(笑)

2018/08/23 (Thu) 20:19 | REPLY |   

Post a comment