FC2ブログ

今週の出走馬 2018/08/19 【ネオリアリズム 札幌記念(GⅡ)】

ネオリアリズム 7歳 牡 栗毛

8/16(函館競馬場)
15日は函館Wコースで追い切りました。16日は軽めの調整を行いました。
「先週の1週前追い切りでは競馬並みに終いをシャープに伸ばしてあったので、その分週末の調教を加減して今週の調整にあたっていました。週末楽をさせたことも踏まえて今週の水曜日にはウッドチップコースで5ハロンからしっかりめに動かしています。GPS計測で5ハロン67秒8の終い1ハロン12秒4という時計を出しているのですが、一気にペースアップするのではなく3ハロンあたりからなだらかにペースを上げていくようにという指示を出していて、無事に調教を行うことができました。馬体重は524キロです。輸送で変化しやすい馬であることを踏まえると数字上はこのくらいでいいのではと考えていて、現時点でも太目感はなく丁度良さそうな格好をしています。毛ヅヤがおちることはなく、右前脚の球節やトウ骨の状態もまずまず。歩様は、2週前追い切り後がもうひとつに思えたものの今の様子を見る限りこの馬としては悪くはなさそうで、仕上がりはまあまあというところでしょうか。今週の北海道はずっと雨が降っているので馬場状態に影響が出るでしょう。天皇賞のときは力を発揮できなかったのですが、あの時は馬場適性というよりはコンディション面のほうに問題があったのではないかと考えているので、余程異常な馬場状態にさえならなければそれなりに力を発揮できるはずです」(堀師)
19日の札幌競馬(札幌記念・芝2000m)にモレイラ騎手で出走いたします。


いよいよ待ちに待ったネオリアリズムの復帰戦となります。NF空港でも帰厩してからもしっかり乗り込んでいたのですが、各媒体では太めに映るだの、動きが重苦しいだの決して評価は高くありません。
競馬ブックの最終追い切りの時計は、以下の通り。

18/8/15
(水) 助手
函館W・稍 69.2 - 54.6 - 39.8 - 13.2 馬ナリ余力(7)


確かに決して良くはありませんが、堀師のコメントからは仕上がりに関しては特に問題がなさそうに思えます。輸送で絞れて、510㎏台で出走出来、パドックでも活気があるようなら、気にしない方がいいかもしれません。

とは言え、流石にピークは昨年の春だったのではないのかなという不安はあります。その不安を吹き飛ばすような快走を期待したいと思います。

単勝に大口が入ったようで、オッズが一気に変動、現在4番人気となっています。なかなか豪の者がいるようですね(笑)


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment