FC2ブログ

'14年産近況 【ヴィルデローゼ 2018/07/18~08/16】

ヴィルデローゼ 4歳 牝 黒鹿毛

18/7/18 NF早来
17日にNF早来へ放牧に出ました。
「先週の競馬は申し訳ありませんでした。一度使って体もいい感じで締まっていましたし、ジョッキーも前走を踏まえてさらにロスのないレース運びをしてくれましたが、あと一歩のところで差されてしまいました。ただ、3着以下は離していますし、やはり力は上位ですね。レース後は特に疲れた様子はないとのことも、続けて使ってきた後なのでいったんリフレッシュさせることになりました」(松岡助手)

18/7/26 NF早来
軽めの調整を行っています。
「短期間に続けて競馬を使いましたから、まずは軽めの運動で脚元、馬体、そして体調の変化をしっかりと確認するようにしています。今後については夏の内にもう一度行くのか、秋以降に備えるかは状態次第にはなるでしょうが、このクラスでは力上位と言うのは間違いないので、キッチリと結果を残せるよう状態を整えていきたいですね」(早来担当者)

18/8/2 NF早来
トレッドミルでの調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週2日は坂路でハロン15~17秒のキャンター調整を取り入れています。
「軽めに動かしつつ状態の確認を行っていましたが、レースの疲れが目立ってくることはなかったので、既に坂路でのキャンター調整を開始しています。リフレッシュは促しつつも、適度に乗って緩み過ぎないようにしていきたいですね」(早来担当者)

18/8/9 NF早来
トレッドミルでの調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。
「坂路調教を開始してからも状態はいい意味で変わりありませんので、現在は週3日ハロン15~16秒のキャンターを乗っています。日によっては周回コースでのキャンターも追加して運動量も確保できていますから、このいい流れを維持しながら先々の移動につなげていきたいです。馬体重は486キロです」(早来担当者)

18/8/16 NF早来
トレッドミルでの調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「坂路でのキャンターペースを上げていますが、それ以外にも周回コースでの乗り込み距離を延ばしています。この調子でコンスタントに速めの本数を重ねていきたいです」(早来担当者)


アロマドゥルセ同様に前走後から1ヶ月が経過しましたが、こちらはハロン14秒台まで進んでおり、いつでも移動出来る状態となっています。が、まだ未勝利の3歳馬やデビューを待つ2歳馬等が優先されるでしょうから、9月になってから始動になるのかなと思ってます。
1700M戦では軽快なスピードを見せながらも、最後は踏ん張りきれずといった結果でしたが、今度は坂のあるコースでかつ力の要る馬場でどれだけの走りが出来るのかを見たいですね。
まあ、500万下に長々といて貰っても困りますが・・・。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment