FC2ブログ

2018/07/14 レース結果 【ヴィルデローゼ 4歳上500万下 2着】

ヴィルデローゼ 4歳 牝 黒鹿毛

ヴィルデローゼ


7/14  函館競馬場
14日の函館競馬ではスタートで躓くが何とか踏み留まり、行き脚がついてからは逃げる展開に。直線では勝ち馬との叩き合いになるが、最後は僅かに先着を許し2着。
「ゲートを出てから躓いてバタバタしてしまいましたが、何とか体勢を立て直して逃げる形に持ち込みました。一度競馬を使って確実に動けるようになっていたし、直線では脚を使ってくれたけど、最後にちょっと疲れてしまいましたね…。あそこまで行っただけに勝てずに悔しいです。申し訳ありませんでした」(ルメール騎手)
スタートでバタつくシーンはあったものの体勢を立て直して先手を奪い、直線ではそのまま押し切りを図りましたが、最後に甘くなってしまいました。休養明けをひと叩きして型通りに良化していただけに悔しい限りですが、改めてクラス上位の走りを見せてくれましたから次こそはキッチリと決めたいものです。滞在ながら間隔を詰めて使った後なので、この後についてはより慎重に判断していきます。


結果として足踏みしての2着というのは残念ではありましたが、内容としてはそう悪くはなかったと思います。ほぼ馬なりでハナに行けたので、やはり潜在的なスピードは高いと思いますし、今回は若干距離が長かったというか、もう少しダートで経験を積めば克服可能なレベルだと思いました。
現状では平坦で脚抜きの良い1400M前後のダートが良さそうな感じですが、函館記念3着だったエテルナミノルを見ていると、もう一度芝を試してみてもと思ってしまいますね。

少なくとも500万下では上位の存在であるのは確認出来ました。問題はその上でも通用するかです。距離短縮や芝再挑戦など試行錯誤していって欲しいと思います。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment