エースドライバー近況 3/6及びフィックルスター厩舎情報 3/7

エースドライバー 3歳 騙 鹿毛

3/6(NF天栄)
周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行い、週1回は坂路で15-15を行っています。
「先週に続いて速めのところも適度に織り交ぜながら調整を行っています。調整自体は順調に進んでいるので、単走だけでなく馬と併せることもしています。相手を気にする素振りは多少あるのですが、こればかりは去勢だけですべてが解消されるわけではないですからね。少しずつでも慣らしながら改善していければと思って取り組んでいるところです。体調はいいので、この調子で進めていって数週間のうちにトレセンへ送り出せるようにしてあげたいなと考えているところです」(天栄担当者)


去勢手術でガタッと体調が落ちる馬もいる中、順調に調整が出来ているのが救いでしょうか。何はともあれ、漠然とした帰厩の予定が示唆されましたので、とりあえず一安心。


フィックルスター 3歳 牡 栗毛

3/7(大久保龍厩舎)
7日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、スタートからすんなりと先行できてスムーズなレース運びだったのですが、最後はノドの影響か脚が止まってしまった形でした。ノドに関してはケアをしながら調整していくことになりますが、現状でも未勝利では上位のスピードとパワーの持ち主ですから、まずは福島のダート1000mあたりで勝ち上がらせることも考えています。ただ、さすがにレース後はトモに疲れが出て踏み込みが甘くなっている感じがしますし、様子を見ていったん放牧に出してリフレッシュさせるかもしれません」(大久保龍師)


続戦するかリフレッシュ放牧にするかは今後の経過次第って感じで、特に喉については問題視されてないようです。
しかしながら、福島D1000Mですか…。将来はマイルくらいまではこなせるようになって欲しいですね
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment