'14年産近況 【アロマドゥルセ 2018/04/17~05/08】

アロマドゥルセ 4歳 牝 青鹿毛

アロマドゥルセ


4/17 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間から坂路ではハロン15秒近いところも交えて調教を行っています。冬毛が抜けてきて見た目に良く映るようになってきましたし、少しずつでも確実に状態は上向いてきていますね。ただ、ここで焦ってさらにペースを上げると反動が心配ですし、もうしばらくは無理せずじっくりと良化を促すイメージで進めていきます」(NFしがらき担当者)


4/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「ペースアップ後も特に反動は見られず、この中間も坂路ではハロン15秒近くまで脚を伸ばして調教を行っています。動きを見てもまだ良化途上という感じはするのですが、毛ヅヤや体の張りは少しずつ良くなってきているところなので、このまま乗り込みを重ねていけば順当に上向いてきてくれそうですね。馬体重は453キロです」(NFしがらき担当者)


5/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も坂路ではハロン15秒近いところを交えて乗り込んでおり、日によってはそこから終いをさらに伸ばして調教を行っています。馬には活気が出てきていますし、調教の動き、馬体の見た目も良くなってきました。まだ本調子には届きませんが、この様子であれば問題なく調子は上がってきそうですよ」(NFしがらき担当者)

5/8 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続き、順調に乗り込みが続けられており、坂路ではハロン14秒くらいまで脚を伸ばして調教を行っています。冬毛も抜けてだいぶ見栄えがするようになってきましたし、状態はいい感じで上向いていますね。そろそろ厩舎サイドとも今後に向けた話をしていっても良さそうですよ」(NFしがらき担当者)


結局降級前に使う事はありませんでした。1000万下を2勝するという思惑は崩れましたので、500万下から改めて仕切り直しとなります。
そろそろ帰厩する事になると思いますが、前走が嫌な負け方でしたので、降級戦はスカッと気持ちが晴れるようなレースになるように期待したいですね。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment