'16年産近況 【サートゥルナーリア 2018/04/13~04/17】

サートゥルナーリア 牡 黒鹿毛
父ロードカナロア×母シーザリオ(BMS:スペシャルウィーク)
関西 角居勝彦厩舎


シーザリオの16


4/13  NF早来
馬体重:506kg 
現在は週3日周回コースでキャンター2250m、週3日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調教を行っています。
速めのキャンターを継続して課していますが、脚元や体調に不安はなく順調に調整を進めることができています。ゲート練習も開始していますが、教えたことをしっかり吸収して、実践してくれています。着実に競走馬としての階段を上がっていることは間違いありませんので、この調子で進めていきます。

4/17  NF天栄
17日にNF天栄へ向けて移動しました。この後は体調を見ながらトレセン入厩に向けて態勢を整えていきます。
「速めの調教を課してもしっかりとしたフットワークで坂路を駆け上がっており、ここまで順調に良化していると言えるでしょう。脚元や体調も良好なことなから角居調教師と相談した結果、このタイミングで本州へ移動することになりました。ビッグタイトルを獲得した兄達に続けるよう、今後も順調にステップアップしていってほしいと思います」(早来担当者)


本日天栄に向けて移動したとのレポートが更新。思った以上の早さで少々驚きました。
シーザリオの仔でここまで早い移動の馬は初めてで、血統的な悩みの種の一つである体質の弱さというの見られないようです。角居厩舎のハードトレーニングも問題なく耐えられそうな雰囲気ですので、非常に今後の動向が楽しみです

その角居厩舎の傾向ですが、早期に一度入厩してゲート試験だけ合格し、秋のデビューに備えるといった一連のプロセスは期待馬に良く見られます。昨年のヘンリーバローズのように夏の中京競馬場でデビューする場合もありますので、仄かな期待をしたいと思います(笑)


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment