FC2ブログ

'14年産近況 【アロマドゥルセ 2018/03/14~04/10】

アロマドゥルセ 4歳 牝 青鹿毛

3/14 音無厩舎
軽めの調整を行いました。
「先週はいい競馬をお見せできず申し訳ありませんでした。長い距離は合うと思っていたのですが、いざ走らせてみると追走だけで精一杯という内容。距離がどうこうというより、冬毛が目立つ馬体で馬のコンディションがまだ整い切っていなかったのかもしれません。レース後は特に疲れた様子も見せていないのですが、あのような競馬の後ですし、ここは無理せず放牧に出して立て直てもらうことにしました」(生野助手)
15日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

3/20 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「先週の木曜日にこちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。時期的なものもあるのかもしれませんが、毛ヅヤが冴えず体調面は決して良好というわけではなさそうですし、もうしばらくは軽く動かしながらリフレッシュ重視で調整を進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

3/27 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「騎乗調教は週2、3回の割合で周回コースに入れてゆったりとしたキャンターを行い、その他の日はトレッドミルによる調整を行っています。乗り出してた後も特に反動もなく来ているのですが、やはり馬の雰囲気などはまだ物足りない感じがしますし、この後も無理をせず引き続きリフレッシュ重視で進めていきたいと思います。馬体重は439キロです」(NFしがらき担当者)

4/3 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「ここまでトレッドミルを併用して周回コースを中心とした調整を行ってきましたが、特に反動も見せていませんでしたし、この中間から坂路調教も開始しています。気温の上昇と共に毛ヅヤも徐々に良くなってきていますし、ここから状態も上向いてくれると思いますよ」(NFしがらき担当者)

4/10 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間からは徐々に騎乗調教の割合を増やしており、周回コース、そして坂路ではハロン16~17秒ペースで乗り込みを行っています。まだ良化途上ではありますが、先週と比べると馬体の毛ヅヤや張りはだいぶ良くなってきていますし、このまま問題なく進めて行けそうですね」(NFしがらき担当者)


前走の大敗後、即しがらきに放牧に出されています。
体調自体がまだ上向きではなかったとの事ですが、温かくなるにつれ毛ヅヤも良くなっている模様。まだハロン15秒のペースで乗られていないので、もうしばらくかかりそうですが、降級前に現級を勝つくらいの気概を見せて欲しいと思っています。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment