今週の出走馬 2018/04/07 【レッドカイラス 障害未勝利】

レッドカイラス 4歳 騙 栗毛

2018.03.21 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドで追い切り。
3/18(日)坂路 57.4-41.9-26.7-12.8 馬なり
3/21(水)ウッド 53.5-39.1-13.0 馬なり
外トゥルーラヴキッス馬なりを4Fで0.4秒追走から1Fで併せ併入

藤井勘一郎騎手「今週も追い切りに乗せていただきました。どうも気まぐれというか集中しきれていないところはあるものの、仕掛けての動きなどはいいものがありますね。合図をしないとペースが上がらないので、舌鼓で仕掛けながらという感じにはなってしまいますが、反応してからの走りなどは良かったと思います。スタミナはありそうで、ほっといてもずっと同じペースで走っているような馬ですが、少しずるいというか気難しいところはありそうですね。前向きさを出すためになにか馬具を使ってもいいかもしれません」
藤澤調教師「今週は天気が悪くて馬場もよくないと思うので、来週あたり一度障害練習をやって、問題なければ福島1週目での競馬というふうに考えています」

2018.03.22 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日追い切ったので軽い調整です。徐々に煩くなってはきていますが、そのぶん体もすっきりして動きに切れが出てきていますね。どうも我の強いところがあって、昨日の調教でもそのようなところを見せていたようですが、すぐには変わるものでもないので、教えるところはしっかり教えつつ進めていきたいと思います。今週はだいぶ雨が降って馬場も悪いので障害練習は来週になると思います」

2018.03.28 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあと坂路1本。
坂路 65.3-48.7-32.2-15.9 馬なり
上野騎手「今日ウッドで追い切る予定でしたが、朝からのもやが全く晴れず、この中で追い切るのは危険ということで明日追い切ることにしました。今日は軽く坂路を上がっておきましたが、いい意味で煩くなってきたというか、いつものカイラスの気合いに戻りつつありますね。戻った当初は大人しくなったのかと思っていましたが、この馬はこのくらい気が入っていたほうがいいと思いますよ。今週の金曜に障害を飛ばせるつもりでしたが、追い切りが明日になったので、どうするか助手さんとも話して決めていきます。ここまでの感じだと福島1週目に間に合いそうですね」

2018.03.29 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドで追い切り。
上野騎手「ウッドで最後併せました。結局今日ももやがひどくて馬も視界が悪い中での追い切りでしたが、動きとしては悪くなかったですね。気を抜いたり、後ろから抜かれるとやめてしまいそうな雰囲気はあるので、常にふかしながらという感じにはしていますが、この馬なりに動けていたと思います。今日は浅めのブリンカーを着けてやってみましたが、まだ慣れていないので、後ろが見えないストレスもあるのか少し煩いところは見せていました。走りに対する気持ち的なものはあまり変わる感じではなかったので、次の競馬では着けなくてもいいかもしれません。今日追い切って明日練習だと馬もきついと思うので、来週火曜くらいに障害を飛ばせておきます」

2018.04.04 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドで追い切り。
4/1(日)坂路 56.3-41.6-27.1-13.3 馬なり
外トゥルーラヴキッス馬なりと併せ併入
4/4(水)南ウッド 木幡育J 68.6-52.8-39.6-12.8 馬なり
外トゥルーラヴキッス馬なりに5F0.2秒先行1F併せ併入


木幡育騎手「今週競馬ということである程度びっしり走らせるという指示でした。ブリンカーを着けてやったこともあって下し掛けから勢いも良く、直線も後ろから馬が来るのを待つ余裕もありました。併せてからもいい手応えでしたよ。難しい面のある馬ですが、今日はそのようなところも見せず最後まで集中して走ってくれました。これなら力さえ出せればいい競馬になると思います。」
藤澤調教師「先週あたりから動きが良くなってきたようですが、今日も終始余裕のある感じでいい走りができていました。昨日上野騎手が跨って障害を飛ばせましたが、飛越もうまくなった印象ですね。あとは競馬にいってどれだけ真面目に走るかというところですが、今回の感じなら勝負してくれそうな気がしています。障害も二度目ですし期待したいですね。」
※今週7日(土)福島4R(障害未勝利/芝2750m)を上野騎手で予定。

2018.04.05 : 美浦:藤沢和雄厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日追い切ったので軽く乗っておきました。追い切る前と雰囲気は変わらずテンションもそこまで上がっていないですね。この馬の性格上、ある程度びっしりやったほうがいいということで、この中間だいぶ攻めましたが、疲れも溜まらずいい状態に持ってくることができたと思います。昨日、上野騎手とも話して今回は馬具は着けずに競馬にいくことにしましたが、あとはどこまで集中力が続くかですね。二度目で慣れもあるでしょうが、逆になめてしまうこともありそうなので、期待と不安と半々といったところです」


入障して2戦目を迎えますが、状態自体は悪くなさそうです。
安定した戦績を残しているニシノリュウセイサーストンコラルド、元準OP馬で前走3着のメイクアップなどに渡り合うの難しいかもしれませんが、連続掲示板を目指して頑張って貰いたいものです。
障害戦だけに、先ずは無事に帰ってきてくれる事が一番ですので、良い経験が積めればと思います。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment