2018/03/24 レース結果 【レッドベルローズ ミモザ賞(500万下)優勝】

レッドベルローズ 3歳 牝 青鹿毛



18.03.24 : 3月24日レース後コメント(1着)

ルメール騎手「パドックで跨った時からチャカついていましたし、返し馬もテンションが少し高かったのでゲートの出は慎重にいきました。今日は最後の枠入りでしたからね。入ってからすぐのスタートだったので我慢してくれて、発馬も五分で出てくれました。無理に中に入れて壁を作ると折り合いを欠いてしまう可能性もあるかなと思って外を回りましたが、終始スムーズに走れていて折り合い面も問題なし。脚をしっかりと溜めることができました。仕掛け処でもスッと反応してくれて、直線では早めに先頭に立ったので少し遊ぶ感じはありましたが、まだまだ余力が残っていましたし今日は横綱相撲の競馬をしてくれましたね。初めて乗せてもらいましたが、距離が延びても大丈夫そうですよ。ベルローズの新馬戦では2着馬に僕が乗っていて、その時にあの勝った馬は強いなと感じていたんです。実際に乗ってみたらバネがあって切れる脚を持っているし、センスもなかなかのもの。やはり力のある良い馬でした。これから無事に成長していってくれれば、将来が本当に楽しみですね。今日は勝たせることができて嬉しいです。ありがとうございました」

鹿戸調教師「今週の木曜日にゲート練習をした時も出は良かったのですが、レースでもちゃんと出てくれましたね。外枠でしたがルメール騎手がスムーズにレースをしてくれましたし、最後は流す余裕もありましたから今日は完勝でした。距離延長も合っていましたね。この後はもちろんオークスを目標に進めていきます。今のところフローラステークスを使おうと考えていますが、中間も他馬の動向などを見ていき、2勝馬で入るならオークスへの直行も視野に入れて進めていきます。今日は危なげなく無事に2勝目を挙げることができましたし、強いレースをしてくれたことで改めて能力の高さを再確認することができました。次も一緒に頑張ります、今日は応援ありがとうございました」


ゲートも問題なく出て、いつもよりも前目に競馬が出来そうだと思いきや、スルスルと位置を上げていき、まさかの3番手追走。直線では早々に先頭に踊り出て、そのまま余裕をもってのゴールとなりました。
流石に最後は脚色が鈍ったかなと思いましたが、騎手によるとまだ余裕があったようです。ただ、鹿戸師がコメントしているように流した感じはしませんでしたが・・・。

次走はオークストライアルであるフローラS、あるいはオークス直行となるようです。過去ミモザ賞からのローテーションで結果を出したのは、2016年で優勝したパールコードのみ。そのパールコードも次走のフローラSで優先権を得ましたが、オークスは回避でした。
フローラS出走を表明している素質の高そうな馬たちが複数いますので、レベルの高いレースとなりそうな感じがします。強いメンバーと戦ってこそですので、疲れがないようなら挑戦して欲しいところです。ベルローズ陣営がどのような判断を下すか分かりませんが、その選択が注目ですね。
・・・また騎手に悩みそうですけど(笑)


ちなみに馬券は応援馬券込みの三連単とほぼトリガミの三連複のみ的中。厚めに買ってたハトホルが全く見せ場なしでしたので、しょっぱい結果となりました


的中馬券_ミモザ賞






本日入ってきた情報によると、ドバイターフに出走予定のリアルスティールの鞍上が白紙となった模様。先約を重視する日本では余り考えられない状況ですが、果たして鞍上は誰になるのでしょうか。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment