FC2ブログ

'11年産近況及び厩舎情報 【ネオリアリズム 201/02/20~02/28】

ネオリアリズム 7歳 牡 栗毛

2/20  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度キャンター調整を行っています。
「近々の移動を視野に、この中間は週に3回程度15-15を取り入れてしっかりと乗り込んできました。きっちりとリフレッシュさせて乗るたびに状態は上向いてきており、早ければ今週中にも移動させようという話をしているところです。このまま移動までさらに良化を促していけるように心がけていきます」(NFしがらき担当者)

2/22  堀厩舎
22日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「本日美浦へ帰厩させています。しがらきでの状況は報告を受けて把握できていましたが、手元でしっかりと状態を確認していくことが馬を扱っていくうえで非常に大事なことですので、改めてよく観察をしていきます。基本的にドバイへ向かうつもりでいて、輸送のことや現地での調整に関することなど、細かい事への交渉も早い段階からしており、徐々に整いつつある状況です。勝負へ向かうわけでそういったことは非常に大事になってきますからね。あとはジョッキーやメンバーといった要素がそれに加わってくるのですが、そのあたりはこの後の状況次第になるでしょう。何よりも大事なことは状態面です。現地へ向かえる、勝負に行けるという状態であるかどうかが一番大事な要素になりますから、しっかりと見極めていきます」(堀師)

2/28  堀厩舎
28日は軽めの調整を行いました。
「先週の木曜日に入厩して少しずつ動かしている状況です。様子を見ながら徐々に負荷をかけて仕上げを進めていくところではありますが、昨日までの様子からゴーサインを出しても大丈夫なのではないかと思えたので、このたび正式にドバイからの招待を受諾させていただきました。出走へ向けて色々と検討、そして調整していかなければいけない要素は残っていますが、そこはこの後の馬の仕上げと並行して進めていきます」(堀師)
3月31日のメイダン競馬(ドバイターフ・芝1800m)に出走を予定しています。


まず出走する方向だと思っていましたが、ドバイターフの招待を正式に受託しました。昨年行って欲しかったと言うのが、正直な気持ちですが(笑)
とは言え、昨年2度の香港遠征により、海外競馬の経験は豊富になりました。左回りは特に問題はないと思いますが、初のナイター競馬は気になります。どっしりとした気性ではないので、環境の違いに戸惑う可能性はありそうです。遠征の経験が活きればなぁと思います。


今年は招待状が届いた5頭の日本馬全てが出走を表明。ロコスミアがレースを引っ張ってくれそうですので、ネオリアリズム的には歓迎したい展開となりそうです。
どうも例年よりも時計の出る芝コンディションのようですので、日本馬にとっては有利な状況と言っていいようです。

しかしながら、現在の予想一番人気はリアルスティールではなく、こちらの馬。

【ドバイターフは例年を上回るハイレベルな争いに】http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=133521&rf=related_info

前哨戦を快勝したBenbatlですが、正直手薄なメンバー構成でしたので、そう怖くはないかなーと思います。やはり、注目すべきは昨年の毎日王冠でも鋭い末脚を見せ、鞍上にデットーリ騎手を迎えたリアルスティールと、出否未定ながらも、もし出てくるようなら因縁の相手となるこちら。

【香港競馬史上初、芝2000mで2分の壁突破 1999年以来のレコード更新】http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=133741

もし、再び香港へ行く事になるのなら、Time WarpWertherは再び高い壁として立ち塞がるでしょうね。Time Warpが出走してくるようなら、消耗戦となる可能性はありそうです。


何にせよ、今後も様々な情報が届くと思います。特に調整中の騎手が一番の焦点となりそうです。
オブライエン厩舎の馬が何頭かエントリーしてきそうですので、ムーア騎手は少々キビシイ状況。モレイラ騎手は昨年に引き続きヴィブロスに騎乗する可能性はありますので、やっぱりレイデオロとセットでルメール騎手かなと予想してます。
自分の希望は何とかムーア騎手か、モレイラ騎手に乗って貰いたいと思ってます。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment