有馬記念予想

ラジオNIKKEI杯をアダムスピークが2戦目で快勝。入会した初年度から活躍馬が複数出ているというのに、自分の見る目のなさに軽く凹みます。せめて有馬記念は的中したいものです。

GⅠ馬9頭という過去稀に見るメンバーが揃った今年の有馬記念。三冠馬オルフェーヴルが世代交代を叩きつけるのか、ブエナビスタが引退レースを花道で飾るのか、はたまたそれ以外の勢力の激走があるのか、非常に楽しみな1戦となりそうです。
個人的にはオルフェーヴルの爆発力はディープインパクトをも上回っていると感じます。初の中山というのが気になりますが、三冠馬の名に恥じない走りをして貰わないと困ります。ブエナビスタとの組み合わせを厚めに三連単で勝負します。過去の傾向からすると、3着に穴馬が入りそうな気がしますね。

◎オルフェーヴル (1番人気1着)




結果
初の中山コース・古馬との対戦もなんのその、オルフェーヴルが豪脚一閃で有馬記念戴冠。ブエナビスタが引退した今、日本に敵う馬はいないかもしれません。
ブエナビスタは引退レースでしたが、やはり状態一息だったのか、伸び切れずに7着敗退。日本競馬をここ数年引っ張ってきた歴史的な名牝。今後は母としての活躍を心から応援します。

さて、馬券の方ですが、軸馬のオルフェーヴルは問題なかったです。そして、3着のトゥザグローリーも拾う事が出来ました。…が、2着エイシンフラッシュを迷った末に切ってしまったのが大誤算。今年、宝塚記念・天皇賞(秋)と軸にしてきた馬ですが、冬は走らないのかなと思ってしまったのが大間違いでした。スローの瞬発力勝負がベストの展開である事を改めて認識しました。実に今更ですが。


さて、今年も残り数日。惨憺たる結果に終わった一口馬主1年目ですが、公式HPの更新もない事ですし、後日改めて振り返ってみようと思います。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment