気になったニュースあれこれ

先週末から急に入った仕事で競馬どころではなかったのですが、個人的に気になった競馬界のニュースをまとめてみました。

先ずは先々週に発表された降級制度廃止について。

「降級制度の廃止によるファン目線、馬主目線の変更点」http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=124476&category=A

まあ、馬券ファンとしても一口馬主を嗜んでいる立場としても大反対な訳ですが、決まってしまったものは仕方ありません。しかしながら、確実にクラスを上がりたくない馬が増え、仕上げが甘いまま出走する馬が増える可能性が高まるのを理解しているんでしょうかね。
能力の足りない馬が外厩に塩漬けにされる期間も長くなりそうで、いまいちメリットが見出せません。


次はこちら。

「王者ノーザンファーム 新兵器でさらなる躍進」http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=124622

今年の4月にノーザンファーム天栄の坂路コースがリニューアルされましたが、その効果があったのか、確かに関東馬の躍進が目立ちます。
どちらかと言うと、出資するのは関西馬を中心視していましたが、関東馬を見る目を改めた方が良さそうです。


そして次は直接的な一口馬主関係のニュース。

「DMMバヌーシー キタサンブラックの全弟は1口4万4000円で募集」http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=124610&category=A

公式サイトはこちら→https://banusy.dmm.com/

キャッチフレーズが「馬主じゃないよ、バヌーシーだよ!」なのですが、多くの方から「馬主(うまぬし)」じゃないんかいと突っ込まれていそうです(笑)
まあ、決して間違いではないんですけどね。

「競走馬の「馬主」は「ウマヌシ」?「バヌシ」?」https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/075.html

で、全く興味はなかったのですが、東サラの出資も失敗した事ですのでさらっと見てみました。…流石に高額良血馬を並べただけあって、良い馬が目に付きます。
とは言えども、募集額が超高額の為、投資という観点からは全くお勧め出来ません。まあ、コンセプト自体が夢や浪漫の共有といったものですので、完全に趣味と割り切って、文句を言わないというのなら問題ないのかもしれません。
募集馬の中には将来GⅠ戦線で活躍する馬もいると思いますし、これが切欠で競馬が更に盛り上がってくれるのならと思います。

まあ、コレよりも、M.タバート氏が立ち上げ予定の一口馬主クラブから募集予定のFrankel産駒の方に興味がありますが(笑)


後は色々物議を醸しているこちら。

【レパードS】ローズプリンスダムV 木幡巧、重賞初制覇「夢みたい」http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=124833&category=A

ハープスターの凱旋門賞挑戦の時も思ったのですが、やはり3歳時の海外遠征は心身共にキビシイと思います。詰まったり蓋をされたりと敗因自体は明らかですが、本調子ならそもそもこれくらいのペースなら包まれることなく先頭を走ってたでしょうしね。

同じように海外遠征明けで、爪の不安を抱えてしまったネオリアリズムが心配でなりません


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment