'14年産厩舎情報 【レッドカイラス 2017/07/26~08/03】

レッドカイラス 3歳 騙 栗毛

2017.07.26
(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
7/26(水) 坂路
内レッドヴィクター 57.4-40.5-25.5-12.2 馬なり
中トラヴィアータ 58.0-40.8-25.9-12.2 馬なり
外レッドカイラス 58.5-41.3-26.3-12.3 馬なり
助手「先行して追い切りました。やるごとに動きが良くなっていますね。雨の中でしたが、まだそこまで馬場が重くなってはいなかったので最後までしっかり走れていましたよ。併せて気が入ったとはいえ、ラストこのくらいで走れれば十分ですね。先週、下でやったことで息の入りなども良化していますし、やはり能力はありそうです。普段の仕草など少し怪しいところを見せるようになっていますが、走り出せば素直ですし、以前に比べると去勢の効果も出ているのかもしれません。ここまでは順調に上向いていると思いますよ」
※レースは8/13(日)の新潟3R(芝1800m)を木幡育騎手で予定しています。

2017.07.27
(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日追い切ったので軽く乗りました。背腰も張ったりしていないですし、歩様に硬さもなくきていますよ。何より普段からそこまでうるさくないので、無駄な力を使わずに体もあまり減らないのがいいですね。体質も以前よりしっかりした気がします。追い切るごとに動きは良くなっていますが、競馬までに疲れが出てしまっても困るので、そのあたりを見極めながら進めていきます」

2017.08.02
(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、ウッドコースで追い切り。
8/2(水) ウッド
内レッドカイラス 58.1-42.6-12.7 馬なり
外トゥルーラヴキッス 57.6-42.2-12.7 馬なり
木幡育騎手「前半はもう一頭の馬と出し入れしながら進めて直線で併せました。今日は楽に動いてきましたね。相手があまり動かなかったのはありますが、馬なりで突き放しそうな勢いでしたし、時計は速くないにしろ、まだまだ余裕もありましたよ。前半の折り合いも問題なく、がむしゃらに走っているだけという感じではないので、これなら競馬でもコントロールが利きそうですね。1週前としては言うことのない調教だったと思います。競馬になって揉まれたりするとまた違いますが、これなら初戦から勝負になってもおかしくないですね。入れ込んだりすることもなく、順調にきていると思いますよ」

2017.08.03
(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日追い切ったので軽い調整です。昨日しっかりやりましたが、そのダメージもなさそうで雰囲気としては変わらずいいですよ。怪しいところはありながらもこの馬なりに精神面も安定している感じですし、バテがきているということもなさそうです。昨日の動きを見てもやはり能力はありそうですし、経験馬相手で楽ではないですが、来週ちゃんと自分の力を出せるように調整していってあげたいですね」


遂に来週末でのデビューが決定しました。まあ、鞍上が今年デビューで早速落馬骨折により休養していた厩舎所属の木幡育也騎手という事でお察しではありますが。

ルーキー木幡育2カ月半ぶり復帰 全快宣言「動きも問題ありません」http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=124428

再三能力はありそうとの評価ではありますが、既走馬相手にいきなり結果が出せるとは思いません。後方から脚を伸ばしてどれだけ頑張れるかというところでしょうか。
良い意味で予想を裏切って、藤澤師から木幡育也騎手に復帰のお祝いとかだったら嬉しいんですけどね(笑)




本日東サラの先行募集の結果通知の日ですが、カイラスの記事でお茶を濁してる事から察せるように、エポカブラヴァ16は最優先落選でした
昨年のキャロット4連敗(内2敗は不戦敗)に続いて不本意ながら連敗記録を伸ばしてしまいました。これで今年はキャロットでの結果次第では東サラは見送りという事になるかもしれません。
とは言えども、レイデオロのダービー制覇など今年も募集馬が大活躍してますので、まともに出資出来ない可能性が高いのが困ったところですからね…。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment