セレクトセール2017

昨日に続いてセレクトセール2017の話題で、出資に関わる可能性がある馬たちについて少し。

㈱キャロットクラブが購入したのはこちらの1頭。

ホールロッタラヴの16


ホールロッタラヴの2016で落札価額は600万円。父は新種牡馬となるトーセンジョーダンです。
声を上げたのもキャロットのみで即落札。「何故その馬を買った!?」と多くの出資者が思ったことでしょう(笑)
個人的には父のトーセンジョーダンはPOGで指名していた馬ですので、ちょっと興味はあります。



それよりもやはり気になるのはこちら。

ラストグルーヴの16


そうラストグルーヴの2016(父キングカメハメハ)です。落札者は東サラのアドバイザーをしている鬼塚義臣氏。ひょっとしたら、東サラで募集も…!?
と考えましたが、もうパンフレットは作成されているでしょうし、先ずないでしょうね。
もし、あったとしたら、落札価額が1億2500万ですので、消費税等を加味すると最低でも募集額1億5000万以上となりそうです。サンデーレーシングで募集されたポルトフィーノの子供たちですら1億2000万でしたから、破格の値段となります。

ただ、販売者のスクーデリアは山本・窪田氏関連の会社だと記憶してたのですが、鬼塚氏が購入したのなら盛大なマッチポンプのような気がするのですが、どうなんでしょう。普通に他にもアドバイザーをされてるのか、馬主が気になるところです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment