'15年産厩舎情報 【ベストヴォヤージュ 2017/05/23】

ベストヴォヤージュ 2歳 牝 鹿毛

5/23(NF天栄)
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続き乗り込みを行っていますけれど、悪くはないですね。まだいい意味でのピリッとした面が出ていないのですが、与えられたメニューはしっかりとこなせていますし、状況としてはまずまずです。デビューの条件を考えていくうえでどういう馬かというのを探るようにしているのですが、1200mという感じでもなければ1800mがいいとも現時点では言いにくい感じなんですよね…。もう少し乗り進めてみて鹿戸先生と相談をしていきたいです」(天栄担当者)


順調なのはいいのですが、担当者のコメントからすると、1200Mを走れるほどスピードがなく、1800Mを走るほどスタミナがないと言われてる気がしてなりません
現時点では微妙な馬のようですが、もう少し早い調教にシフトしてからの変わり身に期待したいですね。


今週末にPOGドラフトが近付いているので、ざっと2歳馬の近況を見ていましたが、早期デビューが決まっているヴァイザー(父ノヴェリスト)バイオレントブロー(父バゴ)はなかなか調教で良い動きを見せていますね。
特にバイオレントブローは追い切り本数が少ないのにも関わらず、CWで81.1-65.5-51.7-38.7-13.0の好タイム。父バゴという事で人気にはならないと思いますが、思い起こせばPOGでは産駒のマンボネフューを指名していた記憶があります。
オウケンサクラやコマノインパルスなどPOG期間に重賞を勝った産駒もいますので、速攻要員として面白い1頭かもしれません。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment