'15年産厩舎情報 【ベストヴォヤージュ 2017/04/26~04/27】

ベストヴォヤージュ 2歳 牝 鹿毛

4/26  鹿戸厩舎
26日にゲート練習中心のメニューを行いました。
「南馬場、北馬場の両方のゲート練習を適度に入れて徐々に進めていましたが、悪くないですね。出ることも段々と覚えてきて形になってきています。今朝は南のダートコースをゆっくり走らせた後にゲート練習をしたのですが、抜群に速いわけではないもののしっかりと出ることができていました。発走員からも“そろそろ受験を考えていけるかもしれないね”と言われたところですので、体調を見ながら試験を受けるタイミングを考えていきます」(鹿戸師)

4/27  鹿戸厩舎
27日にゲート試験を受けて見事合格しました。
「昨日の練習の様子と発走員からの話を受けてさっそく今日試験を受けてみることにしました。朝一の体調も悪くなさそうでしたから一緒に練習をしていた2歳馬と試験を受けたのですが、2本ともまずまずの出を見せて無事に合格をもらうことができましたよ。トモがまだしっかりしていないのか、または前進気勢がもうひとつ足りないのかで出るときにアゴを前に出して伸びるような格好でしたね。このあたりを見るともうしばらく時間をかけてあげたほうがいいのは確かなのかなと思います。まずは今日合格したばかりなので数日は楽をさせようかと思っています。そのうえでやれそうであれば来週に一度15-15くらいの大きめを乗って、そのうえでいったん放牧に出し、乗り込み期間を設けてデビューを考えていく方向で検討しています」(鹿戸師)


ゲート試験を一発合格、この時点でレッドカイラスを順調さで超えました。ただ、まだ非力な面があるのは否めないようで、一度放牧に出て乗り込むようです。
まあ、最短でも一ヶ月以上レースは先ですので、馬房を空ける意味でも放牧は仕方ありません。6/11の東京に牝馬限定マイル戦が組まれているので、ここに出走してくれないかなと思っています。


また、26日にnetkeibaの栗山求氏のコラムでベストヴォヤージュが紹介されていました。

「新着POG馬紹介」→http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=AE01

それによると、「サンデーサイレンス+Mr.Prospector+La Troienne」という血統構成は、クロフネ産駒の成功パターンのようです。
流石に大きなところまでは期待していませんが、長く堅実に楽しませて欲しいと願ってはいます。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment